« 2016年 新年のごあいさつ | トップページ | 新年は成田空港への旅 その2 ターミナルビル巡りは無料バスで »

2016年1月 2日 (土)

新年は成田空港への旅 その1 朝食はグリーン車の中で

 2016年としては実質的に最初の更新になります。年末は最後の忘年会の後、早めに就寝し起床は朝の4時半でした。


 何でそんなに早く起きたかというと、青春18切符の1回分を使うためにできるだけ早く普通列車に乗った旅をするためでした。朝5時半の電車に乗って、東京方面に向かうことになりました。


 今回の目的地はなぜか成田空港で、なぜ成田空港かというと、ターミナルビルのショッピングモールが年末からセールをやっており、福袋もあるという情報を事前に得ていました。例年の福袋商戦にはまともに参加する気はなかったものの、のんびり回りながらお買い得品を探すのもいいだろうということと、最近できた第三ターミナルはどうなっているのかという事の興味と、実際に利用する場合の下見も兼ねて、行ってみようと思ったのです。


24076846336_e87ed15863_z


 今回乗った電車はたまたまというか、熱海駅付近で日の出の時刻を迎え、熱海と湯河原駅との間で写真のような見事な初日の出を見ることができました。時間的に日の出に間に合うかどうか不安だったのですが、うまいこと見ることができてラッキーでした。


 その後、東海道本線に乗り大船で乗り換えて成田空港までの直行便「エアポート成田」に乗るのですが、すぐにホームには向かわず、駅構内にあるショップを目指します。実は今回の旅は東京在住の知り合いも参加するということで、どうせなら朝食を車内で食べようと乗り換えの時間を利用して有名駅弁を買っていくことにしたのです。大船の駅弁屋さんと言えば大船軒ですが、今回チョイスしたのは有名な鰺の押し寿司ではなく、日本で最初に売り出したことでも知られる、地元鎌倉ハムのボンレスハムを使った「サンドウヰッチ」(以下の表記は普通の「サンドイッチ」にしますが、正式な商品名はこちらです)にしました。


Dsc_0006_3


 サンドイッチの具はハムの他にはチーズになっていて、卵好きの人には物足りないかも知れませんが、味は本格的で朝食としては申し分ありません。東京駅で合流した知り合いにはコーヒーを買ってきてもらい、成田空港までの車中でしっかりと朝食をいただくことができました。


 今回のルートは成田山新勝寺のある成田駅を通過する形になるので、成田まではそこそこ混んだものの、途中乗車した大船からもグリーン車は空いていて、のんびりした旅になりました。ここからいよいよターミナルビルのショップを巡ることになるのですが、今回はここまでにします(^^)。

« 2016年 新年のごあいさつ | トップページ | 新年は成田空港への旅 その2 ターミナルビル巡りは無料バスで »

旅の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年は成田空港への旅 その1 朝食はグリーン車の中で:

« 2016年 新年のごあいさつ | トップページ | 新年は成田空港への旅 その2 ターミナルビル巡りは無料バスで »

フォト

広告


2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ