« そもそも、なぜコンピューターウィルスに感染するのか | トップページ | ネット接続を常に確かめる方法 »

2016年1月 9日 (土)

政府勧告の結果出てきたソフトバンクのスマホプランは?

 政府が主にそれほどデータ通信を使わないユーザーに対する毎月の通信料の引き下げを勧告したという話はこのブログでも何回も紹介してきましたが、今回ソフトバンクがそれを受けた形で新しいプランを発表してきました。


 まず、2年契約での料金プランであるということで、まだ端末との抱き合わせ販売というのは維持するようです。そうしないと利益を維持するモデルプランにはなり得ないのかも知れませんね。


 今までのソフトバンクのデータ通信料金の最低額は今までは高速通信が毎月2GBまでで月額6,500円(税抜き)だったのが、毎月1GBまでに高速通信を制限することで値段を下げるそうです。内訳(以降の金額は全て税抜き)は、データ通信料2,900円にS!ベーシック(プロバイダ料)300円を加え、更に通話プランは5分まで定額のプラン1,700円を付けることを必須にすることで合計の月額は4,900円になるそうで、この金額は他社も追随するのではないかと言われています。


 正直言って思ったのは、大手三社が頑張れるのはここまでで、これ以上の無理を通そうとしてもしょうがないのだろうなということです。多くの代理店を抱え、端末の販売も伸ばして行くためにはMVNO並みにディスカウントすることはMVNO自体を潰してしまう危険性もありますし、この金額とプランに納得する方は月約5,000円のこのプランを選ぶしかないでしょう。


 更に安く通話もデータも使いたいという場合は、携帯大手3社に固執していては無理ではないかと思えます。月5,000円以内で済ましたいと思う方は、通話定額や無料通話こそ付きませんが、MVNO各社が発着信できる携帯番号が通える音声対応SIMを出していますので、そのSIMをスマートフォンに入れて使うか、今の契約はガラケーの安い通話プランに変えた上で新たにMVNOのデータ通信用SIMを買って使うかのどちらかになるでしょう。


 飛行機に大手とLCCがあるように、安いプランを突き詰めれば相当いい条件で通話もデータも楽しめるようになります。今回出たのと同じ月5,000円前後の予算があれば、大手三社のガラケー用定額プラン(こちらは時間制限なく24時間通話し放題)2,300円に、データ定額のU-mobileのLTE使い放題2,480円を組み合わせれば同じ料金でも相当できることは変わってきます。


 また、適度な通話時間と少しの高速データ通信でいいなら月額1,600円のOCN モバイル ONEの音声対応SIMにして無料で付いてくるIP電話「050 plus」にすれば、1日毎に110MBの高速通信を確保しつつ低速でもそこそこ使えるデータ回線をゲットできます。発信を「050 plus」に移行できれば、ある程度発信したとしても月額2,000円以内での運用も可能でしょう。


 さらに、そもそも高速通信はいらないものの、今まで通りに携帯番号を使いたいという方の場合なら、月額1,000円前後で、余った通話料金の繰り越しが可能な通話プランでガラケーを維持しながら、月額299円で提供されるFREETELのデータ通信SIMを組み合わせれば月額1,300円前後と更に安くなりますし、先日紹介した月間499MBまでなら月額0円というso-netの「0 SIM by So-net」というプランが近々正式発表されるという話もありますので、このプランと並用すれば無料通話がいらなければ月額700円(音楽通話対応プランの場合)で使えるかも知れません。ガラケーとスマホを別々に持ってもガラケーにかかる費用だけで済ますことも可能です。この「0 SIM by So-net」が正式に発表されるかどうかというのはこれを書いている段階では断言はできませんが、興味ある方はネット関連のニュースに注目しておくことをおすすめします。


 結論らしき事を言わせていただければ、政府の勧告がなくてもこれだけデータ通信の付いたスマートフォンを安く維持できるプランが存在するのですから、自分で考えてガラケーやスマートフォンを契約できる方はとっとと安いものを契約して、データ通信に不満があったらすぐに解約して乗り換えることを繰り返して行けばいいと思います。


 ここを読まれている方はご自身でMVNOを選べる方が多いと思いますので、ご自身に合ったプランで最安なものは何か、改めて調べてみてはいかがでしょうか。

« そもそも、なぜコンピューターウィルスに感染するのか | トップページ | ネット接続を常に確かめる方法 »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

0sim準備中で気になるのがsmsと音声プランもでるようですが、
こちらがあれば、データ使用していなくも解約にならないのではと思ってみてましたが
まだはっきり情報ないですが

以前にfreetelでsimple専用の800円くらいのプラン出していましたが、
sonetでガラケー待受用に0simの音声プランは最安になりそうです

softbankプリペイドでも待ち受け専用できますが、発信したいとき
チャージがないと困りますね

0simって以前にもあった気がしたのですが探してもわかりませんでした
また1/9限定でアマゾンMR04LN、OCN モバイル ONEのSIMがセットで15,000円のタイムセール開催してますね

so-net の 0 SIM プランですが、まだ公式ページに紹介はありませんね。ただ、毎月の支払いが発生する場合は問題なく続けられるような気もしますね。もっとも、このプラン自体が強制的に終了となる可能性も否定できないところがありますが。

ただ言えることは、付き合いでほとんど使えていないMVNOのプランがあったら、このプランに乗り換えた方がいいのではないかと思います。とりあえず、正式な発表を待ちたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/63028704

この記事へのトラックバック一覧です: 政府勧告の結果出てきたソフトバンクのスマホプランは?:

« そもそも、なぜコンピューターウィルスに感染するのか | トップページ | ネット接続を常に確かめる方法 »

フォト

広告


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ