« ラジカセもCDコンポも今は昔か | トップページ | 浜松へ半日の旅 その2 浜松での直売所めぐりといえば »

2015年11月25日 (水)

浜松へ半日の旅 その1 龍潭寺の庭園を楽しむ

 2015年11月の連休は、やることもあって長期の旅行ができる感じでは全くなかったのですが、家族が連休中日に早朝からバス旅行に行くということで、最寄りの集合場所に午前6時前に送りに行ってきました。

 さすがにこのまま自宅へ帰って寝直すのはもったいないので、折角だからと早起きを生かしてどこかに行こうと考えてみました。新そばでも食べに長野の方に行こうかとも思いましたが、連休中にもやることがあったため、まるまる一日を出てばかりではこれも時間がもったいないという気も起こってきたのでした。

 考えた結果、その当時ゆるきゃらグランプリで人がそちらに集中しているかも知れないということで浜松周辺を集中的に回り、午後の早い時間には帰って来ようという魂胆で半日の旅というのを考え、実行することになりました。

 まず、行こうと思ったのが2017年といいますからこの文章を書いているタイミングから次の次の大河ドラマである「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の墓所がある龍潭寺(りょうたんじ)の庭園です。小堀遠州作の庭はまだ紅葉には早い感じでしたが、何より手入れされた庭が素晴しいということで、開園直後の一番乗りを狙います。

 ちなみに、私の住む静岡市内から龍潭寺まではだいたい車で高速に乗らなくても2時間余りで到着するくらいの距離です。拝観時間は午前9時からなので、途中の『すき家』で朝食をゆっくりいただき、さらに国道一号線バイパス沿いにある『道の駅掛川』で農産物の中から目ぼしいものがあるうちに買い付けるなど、それなりに時間を取って寄り道したにも関わらず午前9時前に着いてしまいました。しばらくは入口周辺の散策やいい場所を見付けての写真撮影を楽しみながら開門を待ちます。

 ちなみに拝観料は大人1名500円で、拝観時間は午前9時から午後4時30分(閉門は午後5時)となっています。たまたま、この連休中には配管終了後の夜にも庭園がライトアップされる夜間特別公開が午後5時半から午後8時30分まで行なわれていました。翌年以降の詳しい日程については大河ドラマの放送時期には変更があるかも知れませんので、公式ページにてご確認下さい。

龍潭寺ホームページ http://www.ryotanji.com/

拝観開始時間の9時にはそこそこの人たちがやってきましたが、とりあえず写真撮影のため急ぎ足で有名な庭を先に訪れ、撮ってきたのが以下の写真です。紅葉の美しさという点では物足らないところはありましたが、朝の鳥のさえずりが聞こえる中で気持ちも落ち着かせていい気分で撮影ができました。

22571296714_d886ca90c3_z

 ちなみに、今回拝観した龍潭寺と同じ入場料500円の『ゆるキャラグランプリ』では一投票ごとに再入場が必要で、その分また500円を払わなければならないような仕組みだったそうです(^^;)。そうした入場者の投票のおかげで地元キャラがグランプリを獲得したことがニュースになっていましたが、井伊家を扱った大河ドラマが放送されることになれば、この龍潭寺だけでなく井伊家の主であるそのキャラクターも目いっぱいしゃしゃり出てくるんたろうなと予想できてしまいます(^^;)。そうした喧騒に煩わせられたくない方は、2016年の早いうちにこの美しい庭を見に行くことをおすすめしておきます。

« ラジカセもCDコンポも今は昔か | トップページ | 浜松へ半日の旅 その2 浜松での直売所めぐりといえば »

旅の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/62745066

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松へ半日の旅 その1 龍潭寺の庭園を楽しむ:

« ラジカセもCDコンポも今は昔か | トップページ | 浜松へ半日の旅 その2 浜松での直売所めぐりといえば »

フォト

広告


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ