« 静岡県焼津の新名物となるか? 「オオグソクムシせんべい」を試食する | トップページ | 旅行出発前の体調管理はまず睡眠時間の確保 »

2015年5月 4日 (月)

東名日本坂PA上り 焼津小川港水揚げ 駿河湾深層水仕立ての「焼き鯖寿司」

 以前このブログで紹介させていただいたことがあったかも知れませんが、静岡県焼津市にある小川港は鯖で有名で、年に1回11月に開かれる「小川港さば祭り」は、炭火で焼いた鯖を限定ながら無料で試食できるので、朝から多くの人が押し寄せます。

 一般的に焼き鯖といえば羽田空港の空弁を連想しがちですが、地元びいきだと揶揄されたとしても、なかなかこちらの鯖もおいしいです。このブログでは何度も紹介している東名高速道路・日本坂パーキングエリア上りの「焼津さかな工房」で売られているしめ鯖はオレンジが添えられていて大好きなのですが、先日何と1つ500円の「しめ鯖寿司」を買おうとゴールデンウイーク中に出掛けたところ、しめ鯖寿司の代わりに売られていたのが今回紹介する「焼き鯖寿司」でした。

Dsc_0056

 ちなみに、1個の値段は税込み850円と高いですがその分量も多く、少食の人にはちょっと多いほどです。普通に考えると、これだけのクオリティならこの値段も納得かなという感じです。焼き鯖とご飯の間には大葉が引かれ、ペースト状になった梅が付いているので、あえてお醤油を付けなくても(パッケージには当然お醤油とガリが付いていますが)十分においしくいただけます。

Dsc_0057

 さらに、焼津で産業用に提供されているミネラルが豊富な海洋深層水を使っているというのもパッケージには表示されています。焼津の海洋深層水は一括管理されているので、品質の良さをうたうことにもなるのでしょうが、私には残念ながら海洋深層水を使っていることについての味の差についてはわかりかねます(^^;)。その点はご容赦を。

 ちなみに、私がこの焼き鯖寿司を購入したのは午前11時頃でしたが、刺身用マグロやしめさばが置かれている保冷ケースの上に鎮座しています。この鯖目当てに来る人も少なくないと思いますので、午後になると早めに売り切れが予想されます。その味を試したい方は時間を調整してまだ十分在庫があるうちに訪れるのがいいかと思います。

« 静岡県焼津の新名物となるか? 「オオグソクムシせんべい」を試食する | トップページ | 旅行出発前の体調管理はまず睡眠時間の確保 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/61535189

この記事へのトラックバック一覧です: 東名日本坂PA上り 焼津小川港水揚げ 駿河湾深層水仕立ての「焼き鯖寿司」:

« 静岡県焼津の新名物となるか? 「オオグソクムシせんべい」を試食する | トップページ | 旅行出発前の体調管理はまず睡眠時間の確保 »

フォト

広告


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ