« 使わないスマホ・タブレット端末でラジオ録音 | トップページ | プリングルズ パーティスピーカー 到着レポート »

2015年4月18日 (土)

Razikoで録音したファイルをデフォルトで再生できる端末

 前回紹介した、ラジオ放送をAndroid搭載のスマートフォンやタブレット端末で録音するためには、RazikoというRadikoとは別物の無料アプリ単体でも可能ですが、手動録音にしか対応しないということですので、有料のRaziko拡張を併用すると、番組名での簡単な録音予約が可能になります。

 録音したものは同じ端末なら簡単に聞くことができますが、このままのファイルを他の端末で再生させようとするとなかなか厄介です。というのも、Razikoの録音フォーマットは、ファイルサイズを比較的小さくできるAACでエンコードされているからです。

 この問題を解決するための一番簡単な方法は、Razikoと連携してAACをMP3に変換するアプリを導入することだと思いますが、実はこれも有料アプリなので(^^;)、そこまでして単にMP3に変換するだけのものを購入するまでもないと思い、パソコンでの作業をしばらく続けていたのは、前日のブログで紹介した通りです。たた、MP3に変換すると当然ながら音は劣化し、サイズも大きくなってしまうのが悩みの種です。改めて容量に限りのあるクラウド上に保管することを考えると、録音したオリジナル音源であり、単純にMP3より大きさが少なくて済むAACファイルのまま保管しておいた方がいいということもあります。聞く端末が決まっている時には改めてMP3に変換すればいいし、どうせならAACファイルのままで持ち出して聞ける環境を整えられれば、いちいち変換することもなくなるでしょう。

 普通に考えるとAACファイルなら手持ちのiPad mini2で再生できそうなのですが、試してみたところ何度やっても再生できませんでした。なぜなのかと考えるよりネット検索した方が早いと思い、アップルのページを調べたらこんなことが書いてありました。

(引用ここから)
AAC でエンコードされた曲であっても、iTunes で作成されていないものや、iTunes Store からダウンロードしたものでない場合には iTunes アプリケーションで再生されないことがあります。iTunes 4 またはそれ以降のバージョンを使ってオーディオ CD からエンコードしてください。
(引用ここまで)

 つまり、最新のOSを搭載したiPhoneやiPadではRazikoで録音したものはせっかくAACでエンコードしているのに再生することができないということになります。ただ、上の文章を読むと、iTunesのバージョンアップによって再生できなくなったと思われますので、念のためということであることを試してみました。

0001_2

 それが、写真の第四世代iPod touchです。OSのバージョンは6.1.6で止まっていますが、Razikoで録音したファイルをクラウドにアップしてあったので、ダウンロードではなくストリーミング再生する形でファイルを開いてみたら問題なく録音した放送が流れてくるではありませんか。iOS7にバージョンアップできないということで、使えるアプリが少なくなり、どうしようかと思っていたiPod touchが蘇った感じです。

 モバイル環境では1~2Mbpsでの通信が可能なぷららLTEのSIMを入れたモバイルルーターとBluetoothで繋がるので、ネット経由でのラジオの聴取や、クラウド上に保管しているさまざまな音楽ファイルのストリーミング再生までできてしまうiPod touchは出先でのミュージックプレーヤーとしてはかなり便利に使えるようになるでしょう。こうして旅先での音楽をiPod touchに集約できるようになると、他の端末で使うことは限られるためメイン使用のスマートフォンの電池の持ちの点からもメリットがあります。私と同じ第四世代のiPod touchが使われないで眠っている方は、Razikoで録音した番組を聞くためだけに使うだけでもおすすめです。録音したファイルをパソコンのiTunesで同期してラジオの語学講座や通勤時間に前夜のお気に入り番組を聞くなど、ネットに繋がなくても録音番組を再生する方法はあります。ショップから音楽は買わず、録音したものを聞く用途ならこれで十分だと私には思えますね。

(2015.4.19追記)

 今回のエントリーは、いったんクラウドにアップしたRaziko録音ファイルをクラウド上からダウンロードしないでストリーミング再生できる端末についての話でした。クラウドはあくまで録音番組の保管庫と考え、聴きたい番組をその都度ダウンロードして聴くような場合はAndroidスマホに最初から入っているGoogleの「Play ミュージック」というアプリを使えば再生可能です。

 もっとも、RazikoはAndroidで動くアプリですので、クラウドからダウンロードしたファイルをRazikoが録音ファイルを保存している「raziko」フォルダに入れると、Razikoアプリから簡単に再生できるだけでなく、放送局などの情報も確認することができます。移動中常に安定した電波状況が確保できそうでなければ、使い古しのAndroidスマートフォンにRazikoアプリを入れて、録音したラジオ番組を聴くために用意するのも一つの方法でしょう。

« 使わないスマホ・タブレット端末でラジオ録音 | トップページ | プリングルズ パーティスピーカー 到着レポート »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/61454945

この記事へのトラックバック一覧です: Razikoで録音したファイルをデフォルトで再生できる端末:

« 使わないスマホ・タブレット端末でラジオ録音 | トップページ | プリングルズ パーティスピーカー 到着レポート »

フォト

広告


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ