« 買い物もタイミング | トップページ | Panasonic 電話機 VE-GDW54D »

2015年4月24日 (金)

マスコミの配慮も個人情報特定阻止には必要か

 インターネット上での個人情報が一気に拡散されていくにはさまざまなきっかけがあります。いわゆるリベンジポルノの問題はマスコミはニュースとして取り上げますが、逆にマスコミの出す情報から個人が特定され、その情報が広がってしまうことがあります。詳しく紹介すると晒された個人のところに行きついてしまう恐れがあるので明細は述べませんが、私が最近目にしたケースはとあるテレビ番組がきっかけで個人情報が掲載されたページに、だれでも閲覧できるようなリンクが貼られて晒されてしまったという話です。

 何かあった場合に細かい情報まで広く共有されてしまうのは、本人が仲間内のことだと思って自分が特定される可能性のある情報を事細かに個人サイトに載せているためだとも言えます。テレビに一般の方が出る場合、フルネームを出すことを了承する形で出る場合もあります。この場合は本名を出すことをのんだ時点で、本人特定がされたとしても晒されるようなページを作っている方に分が悪そうですが、今回は制作側も一応の配慮を見せたのか、あえて名前の一部を隠すことでプライバシーへの配慮は行なわれていました。それでも情報が広まったのは、出てしまった氏名の一部と、個人のプライバシーを含むと思われる生活情報(映そうと意図していなくても映ってしまうものも含みます)をそのまま流してしまったからだと思われます。たまたま私はテレビ番組を見ながら巨大掲示板の実況版をのぞいていたのですが、まさにリアルタイムで本人が特定された書き込みを見て、本当に晒された方が気の毒だなあと思いました。今回このようなことになったことで、その方のその後の人生に影響が出ないように祈っています。

 具体的な例を出さないまま書いているので、読んでいる方の中にはイメージが沸かないという風に思う方もおられるかもしれません。それでも書かずにいられなかったのは、一見プライバシーに配慮したような放送でも、本放送を見ながら検索するだけですぐに個人を特定できる情報にアクセスできるという、放送する側の配慮の足りなさに腹を立てたからです。さらにこの番組は生放送ではなかったので、事前に放送する内容を見て確認することもしていなかったと思われても仕方ないでしょう。たとえそれが生放送であっても、先日のテレビ朝日のニュースステーションでコメンテーターが起こした造反劇のような事はそうそう起こることではありません。出演者のコメントや出す情報について事前のチェックをきちんとしていけば、未然に情報流出は防ぐことができると思います。少なくとも番組制作のスタッフが、見ている人がテレビで出た情報を元にしてプライバシーに配慮すべき人物の個人情報が記載されている可能性があるサイトに行きつけないことを確認した上で放送していただかないと、名前を晒さないのでと安心してテレビに出ることなどとうてい望めませんし、書き込みをする側が間違って全くの別人が晒される可能性も出てきます。

 逆に言うと、決して本人とわからないように出しますとマスコミの人に口説かれても、プライバシーへの配慮をして放送や掲載をしてくれないのがマスコミの普通の対応なのかと疑ってしまいます。まずはそうして個人を特定される可能性も考えた上で、本名を公開するか否かを含めて、今ネットに載せている自分の情報について今のままでいいか見直してみることが大切ではないかと思います。

« 買い物もタイミング | トップページ | Panasonic 電話機 VE-GDW54D »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/61484626

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミの配慮も個人情報特定阻止には必要か:

« 買い物もタイミング | トップページ | Panasonic 電話機 VE-GDW54D »

フォト

広告


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ