« 防災拠点としてのSA・PA | トップページ | スマホは単なる道具であるという認識を »

2015年4月 8日 (水)

Nexus5 でついにAndroid5.1が

 Nexus7(2012)をAndroid5.1にアップグレードしてかなり時間が経ったような気がしますが、同時に使っているNexus5ではしばらくアップデートが降りてきませんでした。しかしようやく、私の個体(旧イー・モバイルで購入した32GBタイプ)で、一昨日の夜にアップデートの通知が入ってきました。

 すぐに差分ファイルをダウンロードしようとして、アップデート案内の表示が出てから次の画面進めようとしたもののなかなか進まなかったので、何らかの不具合があるのかと思いましたが、しばらくするといつの間にかファイルはダウンロードされていて、そのまま無事に完了しました。よく考えてみれば、アップデートファイルが200MB超あるので、画面が止まっていた時でもバックグラウンドでファイルをダウンロードしていたのでしょう。これからアップデートする方は気長に画面が変わるのを待ちましょう。ちなみに、Android5.1の新機能については以下のページに詳しい説明があるので参考にしてください。

http://androidlover.net/android-os/android-5-1-lollipop/android-5-1-lollipop-new-features.html

 実際にアップデートしてみて、今までの動作速度についてストレスを感じることはありませんが、以外と比べて速くなったかというとそこまで変わった感はありません。電池持ちについて、Android5.1で良くなったという口コミがあるようですが、私のNexus5では以前の5.0.1は画面を消して全く一日使わない状態でも帰宅後の電池消費を見ると残り60%程度になっているくらいひどいものでした(設定画面から「バッテリーセーバー」をONにすると劇的に電池消費は抑えられます)。比較のためにとこの文章を書くにあたって、あえて「バッテリーセーバー」をOFFにした状態のままchromecastのリモコンという用途で少々使ってみて、一日終わりで(15時間くらい充電せず)バッテリー残量は30%くらいです。あくまで私の印象ではありますが、アップデートしても「バッテリーセーバー」をONにしなければ電池の消費はNexus5の場合そう変わらないのではないかと思いますね(^^;)。まあ、それでも「バッテリーセーバー」を使えるのはありがたいですが。

 ちなみに、私がスマートフォンとして併用しているauのSHL23はかなり電池持ちが良く、とりたてて設定をいじらなくても、メールやLINEのメッセージを確認してちょっとした調べものをする程度なら、一日終わりの残量が70%を割ることはありません。そうした機種と比べる事自体があまり意味のないことなのかも知れませんが、長い時間充電ができない状況も考えられるので、ノーマルの状態での電池持ちがもう少し何とかならないかなとは思います。ただ、Androidでは5.1.1になると思いますが、さらなるアップデートが予定されているようです。Nexusシリーズの場合、常に最新のOSが提供される傾向がありますので、新しい機能を常に試せるというメリットをNexus5を使っていれば享受できるということもあります。今後のAndroidはどんな進化をしていくのかということについてもNexus5を使いながら確かめていけるといいですね。

« 防災拠点としてのSA・PA | トップページ | スマホは単なる道具であるという認識を »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/61406067

この記事へのトラックバック一覧です: Nexus5 でついにAndroid5.1が:

« 防災拠点としてのSA・PA | トップページ | スマホは単なる道具であるという認識を »

フォト

広告


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ