« iPad mini2 Wi-Fiモデル その3 そもそもWi-Fiモデルを選んだ理由 | トップページ | iPad mini2 Wi-Fiモデル その5 写真をFlickrで管理しよう »

2015年3月10日 (火)

iPad mini2 Wi-Fiモデル その4 クラウドでのデータのやり取りについて

 iPhoneやiPadの特徴として、本体に入れて使えるメモリカードの存在が最初から考えられていないということがあります。当初は、いざという時にはメモリカードの中に入れておいたバックアップ済みのファイルからリストアすることも大事なので、やはりメモリーカードスロットのあるアンドロイドの方がいいかなと思っていたのですが、その点について心境の変化がありました。

 というのも、複数のモバイル端末やパソコンを持っているなら、一台が使えなくなっても他のもので代替できますし、全てのハードが災害などで持ち出せず全てが失われてしまった場合、バックアップを物理的なメモリのみに集約していたとしたらそれまでのデータは全て失われてしまうことになります。今回、iPad miniを設定した際も以前に購入して今も使っている古いiPod touchの設定が入ったiCloudを参照することで引き継ぐことができましたし、今では新しいハードを手に入れても、今ではその設定やファイルはほとんどクラウドから引き継げるようになっています。全てをクラウドに集約することにも問題はあるのかも知れませんが、SIMカードスロットのないiPad miniについては、いかに今使っているファイルやデータをクラウド上で共有し使っていくかということがさまざまなハードを混在させて使っている場合の鍵になってくるでしょう。

 私の場合、ウィンドウズやアンドロイドですでにクラウドサービスを使っていたので、それらのサービスをiPad miniでも利用することをまずは考えました。メインで使っているのはマイクロソフトのIDでサインインするOne Driveですが、これはパソコン上では直接ファイルから変更しても自動的に変更したファイルをアップロードできたりと便利なのですが、スマートフォンやタブレットでOneDriveを使っても即時アップロードはできません。これはiPod miniについても同じで、直接アクセスしてファイル更新をしたつもりが端末の中だけで更新されていたりするので、クラウド上のファイルを更新するためには結構な手間がかかります。さらにアプリでもOneDriveに対応しているものは少ないので、iOSと相性がよくiPad mini上でファイル更新をしたい場合に選ぶならDropboxが一番いいという印象ですね。Dropboxは、iPad mini2だけではなくスマートフォンで更新した書類も簡単にクラウド上と同期できるので、頻繁に更新するファイルをまとめて、いったんDropboxに作業ファイルを置き、後でパソコンを開いてDropbox経由でOneDriveにコピーしてまとめるのが無難かなと思います。この作業は二度手間になりますが、もし間違ってDropBoxでファイルを更新してしまった失敗をしても、OneDriveの中に更新前のファイルが残っている状態になるので、大怪我は防げるというものです。自動的にDropboxの中の更新ファイルとOneDriveの中にある同じファイルを同期することができれば、一連の機能がスマートフォンやiPad miniで作業をやった時点で完了させることができて便利ではありますが、ファイルのコピーは後でまとめてやってもいいので、iPad miniでもクラウド上のデータを使いまくりたいと思う場合は、Dropbox上で作業するようにクラウドのフォルダの中味を変えていくのがいいと思います。

 ちなみに私は金銭関係のエクセルファイルだけでなく、ブログ関連の書類および、覚え書きやメモ関連のテキストファイルを頻繁に更新することがあるのですが、iOSで動くアプリの中にはフリーでDropboxに対応したテキストエディタ「Plain Text2」があるので、エクセルのファイルが開ける表計算アプリだけでなくこのテキストエディタもそろえて置くと、アプリ上からDropboxにアクセスして内容確認および変更ができます。なお、iOSにパソコンがMacなら問題ありませんが、ウィンドウズを使っている場合、文字コードの違いによりiPad miniで作ったテキストファイルがウィンドウズパソコン上で文字化けを起こすことがあります。私の遭遇した問題は、ウィンドウズパソコンで使っているQXエディタがUTF-8コードに対応していなかったため文字化けしたようなのですが、文字化けの出たファイルについては、UTF-8コードに対応したサクラエディタを併用して解決しています。こうした違和感を感じて改めて、Macを全然使ってこなかった期間が長かったのだなとしみじみ思いました。

« iPad mini2 Wi-Fiモデル その3 そもそもWi-Fiモデルを選んだ理由 | トップページ | iPad mini2 Wi-Fiモデル その5 写真をFlickrで管理しよう »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/61257329

この記事へのトラックバック一覧です: iPad mini2 Wi-Fiモデル その4 クラウドでのデータのやり取りについて:

» iPadもメモ帳も、ペンは1本で済ませよう [広く浅い生活]
iPadもメモ帳も、ペンは1本で済ませよう今日はちょっと帰宅が遅くなってしまい帰ってくると玄関のドアがへん。ねじが緩んでしまったようです。急いで修理。なおって良かった〜もし壊... [続きを読む]

« iPad mini2 Wi-Fiモデル その3 そもそもWi-Fiモデルを選んだ理由 | トップページ | iPad mini2 Wi-Fiモデル その5 写真をFlickrで管理しよう »

フォト

広告


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ