« カップヌードルリフィルとチタンシェラカップ深型との関係 | トップページ | ユニクロ キルティングバッグ »

2015年2月15日 (日)

封筒型冬用寝袋 モンベル ファミリーバッグ#1 購入レポート

 モンベルのアウトレットに注文を出していた封筒型寝袋の「ファミリーバッグ#1」が届きました。カタログ上ではありますが、快適使用温度が-9℃という冬季にも使える数少ない封筒型寝袋です。

11111

 赤い収納袋に入れた状態の大きさは、23Lのバックパックより一回り大きいくらいで、車のトランクに押しこんだり、空いた座席に置いていても、それほど圧迫感はない感じです。収納袋には手提げバッグのようになっているので持ち運びも簡単ですし、大きめのクッションとして後部座席の人がリラックスすることもできるでしょう。

11112

 袋状になった本体はサイドから全開になり、一枚の掛け布団のようにも使えるようになっています。そして、熱を逃がさないように、ジッパー開口部のサイドが2重になっています。

 ただ、他の寝袋に比べたら大きくて重いといっても、果たしてこの寝袋で夜を明かせるのかというのがあったので、たまたま到着した日の夜が相当冷え込んだこともあり、実際に暖房を入れずに冷え切らせた部屋で試してみました。室温は約3℃と、冬季の車中に比べたらまだまだ甘い環境ではありますが、このくらいの状況で毛布と掛け布団2枚で寝ている身としては、この寝袋だけで快適に寝られるのかと疑っていたことも事実です(^^;)。

11113

 製品の口コミでは足元が冷えるという情報があったので、中に湯たんぽを入れて純粋に寝袋だけで寝ましたが、全く中で寒さを感じることはありませんでした。マミー型のように圧迫されることもなく、適当な広さで寝返りも何とか打てます。さらに、写真のように頭の出る口も紐でしぼることができるので、締めすぎない程度に口を絞って外気の侵入を避けられたのも良かったようです。

 これ単体でも冬用の寝具として十分使えることがわかり、現在は大変満足しています。さすがに真夏には使うことはないでしょうが、秋から梅雨の時期くらいまではこれ一枚を持っていけば、まず困ることはないと思います。車内が-10℃を超えるような場合はインナーシュラフや掛け布団を別途用意し、湯たんぽも併用すれば何とか車の中で一晩過ごせるのではないかと期待しています。

« カップヌードルリフィルとチタンシェラカップ深型との関係 | トップページ | ユニクロ キルティングバッグ »

車中泊グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 封筒型冬用寝袋 モンベル ファミリーバッグ#1 購入レポート:

« カップヌードルリフィルとチタンシェラカップ深型との関係 | トップページ | ユニクロ キルティングバッグ »

フォト

広告


2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ