« 東名日本坂PA上り 焼津さかな工房「たっぷり鰹削節丼」をいただく | トップページ | コクヨ 防災用救助笛(ツインウェーブ)DRK-WS1 »

2014年11月11日 (火)

低額・低速SIMカードで使うカーナビアプリを選ぶ

 新しく車を買う場合、カーナビの搭載有無については以前ほど深刻に考えなくてもいいようになってきたように思います。というのも、各種スマートフォンで使えるカーナビアプリがかなり充実していることを多くの人が知っているので、車の中でスマートフォンを固定することができれば、手持ちのスマートフォンをカーナビにできてしまうということがあります。

 ただ、一口にカーナビアプリといっても色々な種類があります。以前にも紹介したことがありますが、今回は以前紹介してこなかったタイプのものも含めて紹介したいと思います。

 分類的には有料・無料の区別がありますが、無料のアプリであるからといって全て無料で使えるわけではありません。例えば、「カーナビタイム」というアプリは無料でインストールできるものの、使うためには月払か年払を選んで運営会社に支払うことが必要です。カーナビタイムの場合、クレジットカード決済での月額は500円と、今私が使っているワイヤレスゲートの低速SIMカードの通信料金480円より高いのです。

 同じ有料でも、Google Playのような公式サイトからダウンロードする際に課金されるものもあります。私がインストールしていたNavieliteは年額3,800円ですが、これも計算すると月額317円と結構な負担になることがわかるでしょう。これらのアプリに共通することは、料金を払い続けているうちは圏外でも使えますが、たとえ圏内であっても料金の更新を忘れたら起動もできなくなります。地図データはダウンロードしていてもそのデータを流用することもできません。このようにカーナビアプリを使う場合は、金の切れ目が縁の切れ目であることを理解の上、いざ使おうと思った時に更新切れにならないように気を付けることが必要になってきます。ただ、Navieliteについては、以前から車載用として使われてきたカーナビと同じような使い勝手があり、スマートフォンでも以前のカーナビと同じように使いたいと思われる方には、使いやすいのは事実です。

 次に、市販のカーナビ製品のように、いったん購入してしまえば地図は古くなるものの数年後だって問題なく起動して使える買い切りタイプのアプリです。パソコン用の地図ソフトの時代から製品が出ていたMapFanにカーナビ機能が付いた「MapFan2014」(これを書いている現在の最新版)です。このシリーズはiOSでは定番だったものを昨年からAndroid用に移植されたものが販売になりました。価格はNavieliteと同じ四千円弱ではあるのですが、新製品発表の際に100円から売り出され、どんどん価格が上がっていき定価に戻るようなことが2年連続で行なわれました。来年度の2015年版がいつ売り出されるかわかりませんが、もし定価より安く購入できるなら、すぐに使う予定がなくてもとりあえず買っておけば、電波が届かない場所を通るようなルートを案内してもらう必要に迫られた場合でもカーナビが使えることになります。なお、同社が発売しているカーナビアプリには年号の付かない「MapFan」というアプリもありますが、こちらのシリーズは月額および年額で地図更新サービスができるものの買い切りではないNavieliteと同じタイプのものです。このブログで紹介しているのは「MapFan2014」のように最後に年号の付く買い切りタイプの製品ですのでお間違いにならないようにしてください。

 そして最後になりますが、今私がメインで使っているカーナビアプリが全てが無料で使える「Yahoo!カーナビ」です。ただこれにも注意点があって、オンラインでネットに繋がっていないと地図データを含む情報を入手することができなくなります。そのかわり、3Dでの表示や渋滞・通行止情報のリアルタイム更新などもカバーされ、かなり使いやすいアプリになっていると思います。山の中で人家のない所だと人口カバー率で100%に近いドコモMVNOのSIMカードを使っていても表示が途切れる場合があるかも知れませんので注意が必要ですが、全く行ったことのない町の中を目的の施設に行くような場合はこのアプリでも十分実用になるでしょう。

 私の契約しているSIMカードにはSMSサービスを付けてあるので月額630円になっていますが、月480円の通信費でもFOMAプラスエリア対応の端末で使っていれば普段はYahoo!カーナビを使い、オンラインでの継続使用が厳しい場合にMapFan2014をという感じで使い分けるのが一番合理的ではないかと思っています。あとは、いざという時に悩まないで使えるように2つのアプリの操作の違いに慣れておくということができれば完璧です。これからカーナビアプリを使おうと思っている方は、以下のサイトでMapFan2014の後継アプリが発表されるのを待って購入した方が安くアプリを導入できますので、とにかく安くカーナビアプリを使いたいと思っている方はチェックしてみることをおすすめします。

http://www.mapfan.com/

« 東名日本坂PA上り 焼津さかな工房「たっぷり鰹削節丼」をいただく | トップページ | コクヨ 防災用救助笛(ツインウェーブ)DRK-WS1 »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/60631905

この記事へのトラックバック一覧です: 低額・低速SIMカードで使うカーナビアプリを選ぶ:

« 東名日本坂PA上り 焼津さかな工房「たっぷり鰹削節丼」をいただく | トップページ | コクヨ 防災用救助笛(ツインウェーブ)DRK-WS1 »

フォト

広告


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ