« 災害時の水の用意についての考え方 | トップページ | Anker ソーラーチャージャー 14W »

2014年9月12日 (金)

Apple Watchは新たなニーズを導き出すか

 Apple社の新製品としてiPhone6と一緒にプレゼンがされたApple Watchという腕時計型の小型情報端末は個人的にはとても魅力的なガジェットです。電池の持ちの問題や、iPhoneを持たない私としてはその能力を生かし切れないのは残念ですが、およそ350ドルからという価格設定は魅力的です。

 ただ、このように思う人たちというのは実は時代に取リ残されているのではないかという話もあったりします(^^;)。私と同世代の友人が集まると、結構話題になるのが使っている腕時計の話で、自分のものは人と何が違うのかという話で結構盛り上がったりします。

 しかし、携帯電話を持ち歩くことが当たり前になる中で、時間を見るには携帯電話やスマートフォンの表示を見れば十分と考える人がかなりの数存在します。さらに、金属アレルギーであったり、腕時計を付けることで腕に違和感や重さが出てくるので付けたくないと思う方も少なくないでしょう。今回のApple WatchはiPhoneとの連携にこそ意味があるものですので、Apple Watchを使う場合でもiPhoneは身の回りに置いておかなくてはいけません。そうなると、腕にかかる負担を我慢してまでApple Watchで何ができるのかということが重要になってくるような気がします。

 一通りスペックを見てカギになりそうだと思ったのは、健康に関する様々なセンサーを内蔵していることで、さすがにこれは腕に巻くものでないと実現は不可能でしょう。しかし、こうした情報は今の若い世代の希望するものではなく、健康に不安を抱える従来の腕時計を使っている世代へのアピールの方が大きいような気がします。

 まあ、発売開始直後にはそれなりに売れるとは思いますが、今後アプリの提供などで、どのように今までほとんど腕時計を使ったことのない人たちに新しい使い方を提示していくかというのが傍から見ていると楽しみではありますね。ただ、個人的にはとても面白い端末だと思っていますので、今後のAppleがどういう展開でApple Watchを提案していくのか期待を持って見ていきたいと思います。

« 災害時の水の用意についての考え方 | トップページ | Anker ソーラーチャージャー 14W »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/60300273

この記事へのトラックバック一覧です: Apple Watchは新たなニーズを導き出すか:

« 災害時の水の用意についての考え方 | トップページ | Anker ソーラーチャージャー 14W »

フォト

広告


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ