« auスマートフォン シャープ SHL23 その1 SIMカード未挿入でも使えるか | トップページ | auスマートフォン シャープ SHL23 その3 電池持ちの印象 »

2014年8月20日 (水)

auスマートフォン シャープ SHL23 その2 本体とともに購入したいもの

 どのスマートフォンでもそうだと思いますが、特に中古品の白ロムを購入する場合は本来、新品で購入する場合に付いているものがなかったりすることがあるかも知れません。私の場合は購入してすぐ売られたもの(ネット表示では「未使用品」)を買ったので、付属品が欠品ということはありませんでした。

 SHL23の場合、これがあるかどうかでその後の使用感が変わってくるものに「卓上ホルダ」があります。充電用のmicroUSB端子はキャップ式になっているので、頻繁に充電のために開け閉めを繰り返しているとキャップが取れてしまい、せっかくの防水機能が台無しになってしまう可能性もありますので、充電はこの卓上ホルダを使って行なう方がいいでしょう。さらに、本体内臓のスピーカーは画面裏に付いていて、そのままでは音が聞こえずらいためか、音を前から出せるように工夫されています。ワンセグや音楽を楽しむ場合はこの卓上ホルダにセットして使う方が便利でしょう。なお、本体付属品には肝心のACアダプターは付いていません。私の場合は他のスマートフォンで使っていたmicroUSB端子のアダプターを流用してしまっていますが、全くそのような用意がない場合は購入が必要です。

 さらに、本体を傷つけないために液晶保護シートとカバーの類もあるといいでしょう。本体にはめ込むシェルカバーを購入する際に気を付けたいことは、中にはカバーを付けることで卓上ホルダによる充電ができなくなってしまったり、本機種の特徴的な機能である、手で持ったら電源ボタンを押さなくても画面が点灯する「クリップセンサー機種」が使えなくなってしまうと使い勝手が落ちるので、機能維持に対応したカバーを購入するのがおすすめです。私は、カバーとともに液晶保護シートが付いた、エレコムのシェルカバーを購入しましたが、カバーを付けたままの充電やクリップセンサー機種は問題なく使えています。

 あと、この機種を購入する際に迷った富士通製のFJL22との比較で、本体のROMが16GBとFJL22の32GBの半分ということで、不足分を補うためのmicroSDカードの選定が結構大事でしょう。とりあえずROMのバックアップが取れる容量が必須ですが、オフラインで使える地図や音楽、動画までというと最低でも32GBのカードを用意した方がいいと私は思います。メーカーによると利用可能なカードは以下の通りとなっています。

・2GBまでのmicroSDメモリカード
・32GBまでのmicroSDHCメモリカード
・64GBまでのmicroSDXCメモリカード

 カードを別の機器と使い回す場合、もしかしたらSDXCメモリカードが使えない機器があるかも知れないので、基本的には32GBのmicroSDHCで、クラス10のカードを選んでおくのが無難ですが、カードに音楽を詰め込んだりテレビ録画したものを楽しみたい場合は(SDカードに録画できるのはフルセグのみなので、本体アンテナでワンセグしか映らない場合はテレビアンテナ接続ケーブルの購入が必要になるかも知れません)64GBのmicroSDXCを選んだ方が後悔はないかも知れません。私はそこまで動画や音楽を入れるつもりはないので、32GBのmicroSDHCカードを選びました。

 ここまで揃えれば、後は使いながら欲しいものが出てきた時点で買い足せばいいと思いますが、私の考える使える周辺機器について最後に紹介しておきましょう。

・OTGケーブル 
 ケーブルを接続して周辺機器を使うことができる「USBホスト機能」にこのSHL23は対応しているようなので、micorUSB端子から通常のUSBメスに変換するOTGケーブルがあるとUSBメモリの読み込みの他、キーボードなども使えるようになります。

・Bluetooth機器
 スマートフォンで長文の入力をしたい場合はBluetoothキーボードがあると便利ですし、同じくBluetoothで動くマウスがあれば入力効率は上がります。もちろん、電話を受けられるレシーバーや音楽をワイヤレスで楽しむためのヘッドホン・スピーカーも使えますし、Bluetooth製品には便利そうなものがたくさんあります。メールや電話の着信を通知したり、音楽プレーヤーを操作できたりする、SHL23に対応しているCASIOのG-Shockのモデルの中にBluetooth対応のものがあります(利用には無料のアプリをインストールすることが必要)。

・ストラップ
 使う方によっては付けたくない方もいるかも知れませんが、この機種にはストラップホールがあるので、様々なストラップを直接付けられます。私は取り外し可能なネックストラップを付けて胸ポケットに入れているので落下による破損を防ぐような感じで使っています。

« auスマートフォン シャープ SHL23 その1 SIMカード未挿入でも使えるか | トップページ | auスマートフォン シャープ SHL23 その3 電池持ちの印象 »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/60177997

この記事へのトラックバック一覧です: auスマートフォン シャープ SHL23 その2 本体とともに購入したいもの:

« auスマートフォン シャープ SHL23 その1 SIMカード未挿入でも使えるか | トップページ | auスマートフォン シャープ SHL23 その3 電池持ちの印象 »

フォト

広告


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ