« 中部横断自動車道を通ってみて | トップページ | 折りたためるシリコンボトルの扱い方 »

2014年7月30日 (水)

ZEBRA ボールペン付タッチペン スタイラスC1

 新しく購入したウィンドウズタブレットのために、専用のスタイラスペンを用意しているのですが、単体のものですとスマートフォンやタブレット端末がないと全く使い道がないというのが問題でありました。

20140725_104429_android

 たまたま近所の文房具店のセールで、小売価格が380円と安いゼブラのボールペン付きタッチペンが3割引で売っているのを発見したので、どんなものか買ってみました。小さくて軽くて、胸ポケットに差しても重くありません。とりあえず常時携行していつでも使える文具であるといえます。

20140725_112329_android

 スタイラスとしての使い勝手は、安物のスタイラスのようにうまく反応しないということもなく、結構便利に使えるのではないかと思わせるものです。ボールペンの芯については、「シャーボ」に使われている4C芯で、普通の文房具店で買えますし、価格も他の替え芯と同じくらいです。既にお気に入りのボールペンを使っている場合でもかなり幅広い選択肢があるので、色を替えたりして持つのもいいかも知れません。ボールペンを使う際にはペン先を回して出すようになっていて、余計なギミックがないので壊れることはそうそうないのではないかと思われます。

 こういったデジタルとアナログの融合した文房具は爆発的にヒットすることはないでしょうが、スタイラス専用品よりも安く、安定して使えるボールペンが付いていることを考えるとかなりお買得と言えるでしょう。常に胸ポケットに差さっていて、スマートフォンとセットで使っていると、もう指で入力するのがいやになってしまうかもしれません。この製品は何といっても値段が安いのが最大の売りですので、気になった方はまず買って使ってみることをおすすめします。

« 中部横断自動車道を通ってみて | トップページ | 折りたためるシリコンボトルの扱い方 »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/60065289

この記事へのトラックバック一覧です: ZEBRA ボールペン付タッチペン スタイラスC1:

« 中部横断自動車道を通ってみて | トップページ | 折りたためるシリコンボトルの扱い方 »

フォト

広告


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ