« PHSはライフラインとして報道されているか | トップページ | リコール対応車種の検索機能 »

2014年7月10日 (木)

インターネットの低速通信に慣れることができるか?

 私自身の外でのネットの使い方として、どうしても出先でWindowsのノートパソコンを使う必要性に迫られます。以前にはノートパソコンを外出先で自宅の通信環境と同じように使えるように高速通信かつ制限のないWimaxで契約したものを使っていました。それを最近、Wimax自体に容量制限が行なわれることがわかってきたところで、あえて低速のデータ通信カードでしのげるかどうか試しながら使ってみることにしたのでした。

20140708_131849

 なお、パソコンでMVNO契約のSIMカードを使ったインターネットを使うために、直接USB端子に繋げられる端末を利用しています。普段はスマートフォンに入れているSIMカードを入れ替えて使っているのですが、パソコン自体の電源を確保できれば、外でも安定して使えるのは確かに便利です。

 ちなみに、データ通信カードの速度はあえて高速クーポンを使っていないので200kbpsという低速になるのですが、それで果たしてブラウジングなどのネット接続は使いものになるのかというのが気になる方もいるかも知れません。画像が多いページの場合、ブラウザを開いて表示するまでには少々待たされる感じが出てくるので、そこが我慢できない場合はきついかも知れませんね。

 あと、動画や音楽を聞くことはほぼできないと思って間違いはありません。私が外で使う場合はそれほどのレスポンスは必要としないので、困るのはWindows Updateやインストールしてあるソフトのアップデートの通知の後ダウンロードが入ってきた時くらいでしょうか。ただその場合には高速クーポンをONにし、ダウンロードをとっとと済ませた後はまた高速クーポンをOFFにするようにしています。ちなみに私が使っているSIMカードはIIJmioの一番安いプランで、一ヶ月繰り越し可能な1GBの高速クーポンがあります。日常的に高速通信を行なうことはないので、月初めには常に2GB使える状況にしてあるので、いざという時には頼りになるように思います。

 私の場合は常に高速でなくても大丈夫ですが、高速がどうしても必要かそうではないかというのは、それまでのモバイルインターネットにおいて低速での通信に慣れているかそうではないかということに関係あるように思います。この辺は乗っている車にたとえても同じような感じがあるような気がします。

 私は今まで主に軽自動車を使って長距離を走ったり車中泊をしていたのですが、改めて普通車に替えたことにより、実にエンジンの出力に余裕があることを実感しました。その結果、今までのように我慢せずに軽自動車に乗り続けることにストレスを感じるようになるかも知れません。ただ、軽自動車はこんなものだとわかってはいるので、全く乗る気も起こらないということはありません。しかし、常に大型の車にしか乗ったことがないような方が、軽自動車でいきなり長距離を走った上で車中泊をしろと言われても単なる拷問かと思われてしまうかも知れません(^^;)。あくまで私の感覚として、光インターネットが車中泊に適した普通自動車だとすると、格安SIMカードの低速状態は原付で(^^;)、高速クーポンを使ってようやく軽自動車レベルにはなりますが、高速クーポンには限りがあるので、一時的に軽自動車をレンタルできる通常時は原付利用の状態という感じになるでしょう。

 最近、MVNOにより格安SIMが注目されていることで、一気に周辺の通信環境を変えてしまって大丈夫かと思う方が私の回りにも出てきました。それまで光インターネットで自宅のWi-Fiを使っていたのに、お金がかかるからと光インターネットを解約し、自分の通信手段をMVNOのみにしてしまうケースもあります。もし自宅でパソコンを使っていて、数百MB単位のアップデートをダウンロードしなければならなくなることは普通にあります。光インターネットはやめるにしても、回線をメタル回線に戻して最低限一番安いADSL(速さは1Mbps程度でも通信容量の制限はない)を契約しておいた上で格安SIMを併用するようでないと、一気に低速インターネットを使うストレスに陥ってしまう危険性が出てくるのではないかと思います。

 もし私のようにパソコンによるインターネットにおいても低速で格安なSIMカードを使って運用してみて、何とか動画や大きいファイルのダウンロードをしないで我慢できると思えれば格安SIM一本に絞るのもいいかも知れませんが、それでもドコモ全体に障害が出れば全くインターネットが使えなくなる可能性もあります。そんな場合に備え、代替プランとしてのADSLを併用するなどの対策はあっていいような気がします。どうしても安さを求めてMVNOで完結される場合は、私が使っているプランのように、いざという時に1~2GBを使うことのできるプランにする方が無難でしょう。今後、家のインターネットをやめたいと考えている方でパソコンも使われている方は、最初の写真のようなドコモSIMを使ったUSBデータ端末を入手してパソコン使用に自分は耐えられるのか確認してからでも遅くはないと思うのですが。

« PHSはライフラインとして報道されているか | トップページ | リコール対応車種の検索機能 »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/59956659

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットの低速通信に慣れることができるか?:

« PHSはライフラインとして報道されているか | トップページ | リコール対応車種の検索機能 »

フォト

広告


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ