« 5周年を迎えた富士山静岡空港 | トップページ | フィットで車中泊セッティング コットと自転車を持ち込むと »

2014年6月 2日 (月)

ウィルコム「スーパーだれとでも定額」活用は機種次第?

 ウィルコムがドコモのカケホーダイに対抗する「スーパーだれとでも定額」というオプションプランをついに出してきました。今までの一回あたり10分以内で月500回までという制限を撤廃し、ウィルコムが報告している一部の電話番号(恐らくその番号に掛けると自動的に海外に接続されるような番号なのではないかと思います)以外のほとんどの通話が24時間定額になります。従来の「だれとでも定額」とは違い、「スーパー」という文字が付いていますが、月額980円から月額1,500円にオプション料金が上がったのはいわゆるドコモ並みになっただけかと思ったらそうではありませんでした。「スーパーだれとでも定額」にはもう一つのポイントがあります。

 今まで、ウィルコムのPHSで誰とでも定額のオプションを契約した場合、メールの送受信は無料になりますが、端末のブラウザおよび、テザリングを使って他の機器からインターネットに接続する場合は最大2,700円のパケット料金がかかっていました。それが、「スーパーだれとでも定額」にするとPHS回線を使ってのパケット料金もオプション料金に含まれるようになります。基本料金は低額の「新ウィルコム定額プランS」と組み合わせると、月額2,881円(税抜き)に端末料金の負担になります。ドコモのカケホーダイではガラケーでの契約だと月額2,200円と安いですが、SMSのやり取りはできるもののキャリアメールおよび端末を使ってのネット使用もできません。ウィルコムの場合は最新の折りたたみ端末WX12Kなら、Bluetoothによるテザリングに対応していますので本体でのインターネットおよび、他の機器でもパソコンとはPHS回線を使ったケーブル接続によるインターネットを利用することができるようになります。また、古い端末の中には端末をケーブル接続してモデムのように使うこともできます。ただ、機種によっては画面も小さく、モデムとしても使えないような端末もあるので、ネットを使いたいと思われる方は端末選びをしっかりすることが必要になるでしょう。ひとつこの点で残念に思うのが、イエデンワの扱いでしょう。イエデンワは最初からメールを含むインターネット接続に対応しないことが特徴なので、せっかくのパケット通信料無料が活用できません。

 日々の行動範囲がウィルコムが提供するPHS回線で足りるのであれば、恐らくこのプランが一番安くて、あとは別途白ロムのスマートフォンかタブレット端末を手に入れれば通信費は月3千円前後で済み、かなりのお得感があります。ただ、ウィルコムのエリア外へ行くことが多い場合はこの新しいプランであってもカケホーダイプランとMVNOの組み合わせの方が有利な場合が出てくるように思います。

 まず、待ち受けに使う場合のウィルコムのエリアの狭さをカバーするため、私はPHS回線が不通の場合の転送先としてドコモの携帯電話の番号を指定しています。そうすれば、知らせている番号がウィルコムのもので圏外でも、ドコモ携帯の方に着信しますので連絡は何とか取れます。ただ、この使い方では別に料金がかかってしまいます。ウィルコムのホームページの記述によると、「着信転送サービス利用時の転送先への通話はご契約料金プラン所定の通話相手先に応じた通話料がかかります。」となっています。つまり、「新ウィルコム定額プランS」を契約している場合、転送先と通話した場合30秒ごとに20円の支払いが生じます。これは、「だれとでも定額」でもあった規定ですが、新しいプランではこれが撤廃されることを個人的には望んでいたのですが、それが無理だということになると、ウィルコムとドコモの2回線を通話のために持つよりもドコモ一本に絞った方が私の場合はいいように思います。

 メールとインターネット(パケット通信料)については、月額千円も出せばドコモMVNOのデータ通信用SIMカードを手に入れられるので、メールがGメールであることに納得ができれば、SIMを差し替えてスマートフォン、タブレット端末、モバイルルーターの間での差し替えができる分、端末に通話と通信が固定されてしまっているウィルコムより有利でしょう。

 それでも、ドコモの通信網とは別にあまり多くの人が使っていないウィルコムのPHS回線を非常用に用意しておきたいような場合はおよそ500円ほどの従来よりの負担増で済むので、災害時のもしものために備えてこのプランにしておく方もいるかと思います。それでも、現状で一番魅力的なWX12Kを含む多くの通話用端末が36ヶ月分割になってしまっているので、一度契約したら3年間はそのままになってしまうというというのもネックですね。もっとも、3年間基本料無料という条件で新規契約できれば、その期間中はオプション料金の1,500円のみでこのサービスを使えるので、これにはメリットがあります。しかし、その後の展開を考えた場合、ほとんどの人たちがMNPで出て行ってしまうようなプランのように私には感じるのです。私自身はかなり長くウィルコムと契約しているので、長期契約者を優遇するようなプランも出してほしかったなとしみじみ思いますね。

« 5周年を迎えた富士山静岡空港 | トップページ | フィットで車中泊セッティング コットと自転車を持ち込むと »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/59744819

この記事へのトラックバック一覧です: ウィルコム「スーパーだれとでも定額」活用は機種次第?:

« 5周年を迎えた富士山静岡空港 | トップページ | フィットで車中泊セッティング コットと自転車を持ち込むと »

フォト

広告


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ