« NTTドコモ ガラケー契約を「カケホーダイのみ」への変更手続き | トップページ | 安易な「電子書籍化」は活字離れを加速させる? »

2014年5月17日 (土)

ケイ・オプティコム「mineo(マイネオ)」で始めるauのデータ通信

 今までは、格安SIMカード通信を提供する業者は全てNTTdocomoのものでしたが、今回紹介するケイ・オプティコムが提供するデータ通信および音声通話サービスは、auの回線を使っているというのが最大の特徴です。ここで紹介しきれない内容もありますので、詳しい情報については以下のページを参照してみてください。

http://mineo.jp/

 データ通信の方法としてはLTEにしか対応しないので(通話は3G)、利用する端末に注意が必要ですが、既にauのスマートフォンを機種変更や解約により使わなくなったり、白ロムで購入すれば利用可能です。SIM単体での契約だけでなく、端末込みの契約形態もあるのですが、すでにauの一部白ロムに人気が集中するほど盛り上がっているのだとか。料金体系としてはデータ通信専用で高速通信1GBまで(1GB超過後や、直近3日間で500MB使った場合は最大200kbpsに制限)の「パケット制限コース(1GB)」はデータ通信のみのシングルコースで税抜月980円、電話番号が持てるデュアルタイプは税抜月1,590円(MNP可)と、十分な安さだと私は思います。ただ、契約翌月以降12ヶ月以内に解約すると解約精算金9,500円が発生しますので、自分に合わないのですぐ解約したいと思っている方は要注意です。

 サービス面では他に、データ通信のみのコースでも、ケイ・オプティコムの提供するIP電話機能が月額無料で利用できるそうなので、050の番号で良ければauのスマートフォンを千円そこそこでも生かす使い方ができるサービスだと言えるでしょう。

 現状で私のデータ通信はOCNとIIJmioを使い分けているのですが、どちらもドコモなので、例えばドコモのネットワークが不具合を起こした場合にはどちらのサービスも使えなくなってしまいます。今後、auのLTEの使える端末を入手することができ、2つの契約のうちどちらかを解約、変更すれば、ドコモとauの両方が使えない場合以外にはどちらかを使うことができます。以前私がauを使っていたのはガラケーのみなので新たに白ロムを買うしかありませんが、現在はauの契約をイー・モバイルに変えてしまったため(通信網はソフトバンク)auのデータ通信網を安価に使えるというのは魅力的です。旅行中にデータ通信を使う場合、ドコモのエリアならまず大丈夫だとは思いますが、auしか通じない場所に入り込んでしまってもわざわざ高額な契約をしないでいいということになります。

 個人的には今使っているNexus5にこのSIMカードを入れて使えればいいと思ったのですが、残念ながらauのSIMはいわゆるSIMフリーと言われているNexus5でも使えないようなので、ケイ・オプティコムが用意している端末とともに使うか、LTE対応のauの白ロムを探すしかないようです。まずはauを使ってのデータ通信サービスが発表された事を喜び、安くて高性能な端末が手に入ったら部分乗り換えも有りかなと思っています。

« NTTドコモ ガラケー契約を「カケホーダイのみ」への変更手続き | トップページ | 安易な「電子書籍化」は活字離れを加速させる? »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/59655229

この記事へのトラックバック一覧です: ケイ・オプティコム「mineo(マイネオ)」で始めるauのデータ通信:

« NTTドコモ ガラケー契約を「カケホーダイのみ」への変更手続き | トップページ | 安易な「電子書籍化」は活字離れを加速させる? »

フォト

広告


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ