« スタンダードアイスノンは残るのか | トップページ | 5周年を迎えた富士山静岡空港 »

2014年5月31日 (土)

auの発表した通話定額制

 ついに6月1日からドコモが通話定額のサービスを始めます。私の場合はまわりに周知している番号がウィルコムのだれとでも定額なので、PHSと携帯電話間でのMNPが実現する2014年10月以降にならないと移行する気になりません。そんな中、ドコモ以外の携帯電話会社はどうなっているのかと思っていたところ、どうやらauの方も通話定額プランを行なうことになりそうです。

 予定では2014年の8月からということで、サービスが実施されその様子がわかった時点で手を出すことができます。料金はスマートフォン契約では(ガラケーでの実施については未確認)ドコモと横並びになるということなので、すでにauを使っている人なら契約内容変更で決まりでしょうが、外からMNPする場合はドコモとauはどちらがいいかという判断に迫られそうです。

 現時点では通話エリアの違いで、その人の行動範囲でつながるかどうかぐらいしか選択肢はないと思いますが、パケット通信プランのバリエーションがどのくらいあるかということが個人的には注目です。

 ただ、auは私が以前契約していた時に付けていたガラケーでWi-Fiが使えるサービスをスマートフォンへの移行とも取れる形でサービスを停止するとアナウンスした過去があります。ニュースでもガラケーの事は書いていませんでしたし、このままガラケーユーザーを無視するのかなという危惧もありますが、ともあれ同じ土俵でサービスを行なっていくわけですからソフトバンクもこれで参入せざるを得なくなるでしょう。そこからの他社との差別化でいろんなプランが出てくることも予想されます。もっとも、今回のauではびっくりするようなプランは出て来ないかも知れませんが、ある意味携帯電話会社の本意でないプランがどこかから出てくるかも知れません(^^)。個人的にはエリアの問題は、ドコモ以外の会社で通話定額を契約したとしても、ドコモ契約のMVNOデータ通信用SIMを差したスマートフォンで使えるようにした月額無料IP電話の番号に飛ばすことで音質はともかく着信はできますので、あまり神経質にはなりません。今回のニュースが呼び水となり、さらなるお得なプランを生んでくれることを願っています。

« スタンダードアイスノンは残るのか | トップページ | 5周年を迎えた富士山静岡空港 »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

またもやスマートフォンからの閲覧に不具合が発生してますスマホから閲覧するとトップページは、表示されるのですが記事を選択しても反応せずブラウザアプリが強制終了します。問題が起きているのは、エクスぺリアz1f標準ブラウザとドルフィンブラウザの二つを確認しましたガラケーからは、普通に見れますアプリ等は、全て最新のものです問題の発生は、昨日の夜からだと思います対応よろしくお願いいたします

サトシさん コメントありがとうございます。こちらではブラウザ自体が落ちることはないのですが、ドルフィンとfire foxてフリーズすることがあります。その原因は、恐らく記事の最初にある広告のスクリプトを読み込みに行ってブラウザの処理がうまくいっていないためだと思います。記事がうまく表示されない場合はChormeなど、問題なく広告が表示されるブラウザで見ていただくしかないと思います。

私の環境ではこのブログだけではなく、ココログ全般でこの現象を確認していますので、そちらのほうでもご確認いただければと思います。

ありがとうございますひとまず親のガラケーから見ながら解決法を探したいと思います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/59732363

この記事へのトラックバック一覧です: auの発表した通話定額制:

« スタンダードアイスノンは残るのか | トップページ | 5周年を迎えた富士山静岡空港 »

フォト

広告


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ