« 「通話定額」報道への不信感 | トップページ | フィットで車中泊するためのセッティング その1 後席倒し斜めパターン »

2014年4月11日 (金)

ドコモが発表した通話定額プラン 音声+データ通信で一番安いのは?

 昨日書かせていただいたドコモの新しい料金プランが正式発表されました。通話定額および家族間でのデータ通信容量のシェアというのが売りですが、私の場合家族で契約をドコモにまとめるのは無理なので、通話定額についてのプランが気になります。

 通話定額プランは「カケホーダイプラン」として基本プランになるそうです。基本プランのオプションとして「だれとでも定額」を追加する従来のケースと違う点です。また、ウィルコムやイーモバイルのように、回数や時間についての制限もない( 海外での使用および、国内では0180や0570で始まる番号や、番号案内の104は対象外です。また、盗聴対策のためある程度の時間での自動切断はされそうな気もしますが)というのは素晴らしいですね。旅先でも安心して利用できるようになるでしょう。気になる料金は、

・スマートフォン用 月額2,700円(2年縛りなしの場合は月額4,200円)
・フィーチャーフォン用 月額2,200円(2年縛りなしの場合は月額3,700円)

 と、昨日エントリーを書いた時には想定していなかったフィーチャーフォン(ガラケー)用のプランも用意されています。ただSMS送信料は無料通話には含まれず、送信1回につき3円となります。SMSを主に使っている方は従来のFOMA契約のうち、無料通話料付きプランの方が安く上がりそうですね。もし、この基本料のみでガラケーの契約が可能ならば、ウィルコムのだれとでも定額より安く制限のない通話を広いエリアで行なえることになり、かなりインパクトが出てきます。

 ただ、ドコモのサイトにあるシミュレーションページでは「パケットパック」とセットにしないと月額が出ないようになってしまっています。具体的にはiモードの300円に加えて一番安いデータ通信量月2GBの「データSパック」月額3,500円の合計が月額6,000円になります。ドコモの発表を見ると200MBの「らくらくパック」月額2,000円というのがあるので、すが、このプランはどうも「らくらくスマートフォン」用のプランのようですね。らくらくスマートフォンでこのプランを契約すると、月額は5,000円と通話主体にデータ通信を付けるプランの中では最安になります。各々のデータパックにおいて、規定のデータ通信量を超えてしまった場合はそこから追加料金が発生するのではなく、スピードが最高128kbpsに抑えられるだけで月額には変化がないということなので、低速通信でも問題なく、らくらくスマートフォンに変えてもいいと思えば、いくら低速と言ってもキャリアメールおよびおサイフケータイも使え(対応する端末によって異なります)、ネットも一応使えるのでこれ1台で済みます。どうしても高速通信が欲しいところでは、ドコモの回線を増やす方法の他、MVNOの業者で契約したモバイルルーターと併用するパターンも考えられます。個人的にはガラケーの月額2,200円で維持できるパターンが契約できるなら、今通話メインで使っているウィルコムの070番号をMNPできるようになった際には移行することも考えてみます。さらに、今回の発表を受けた他社の動向も見ていきたいところです。auやソフトバンクだけでなく、すでに制限のある通話定額を行なっているウィルコムとイーモバイルは果たして価格を下げてくるのかということも見ながら、改めてコストをかけない定額の通信プランについて考えていきたいと思います。

« 「通話定額」報道への不信感 | トップページ | フィットで車中泊するためのセッティング その1 後席倒し斜めパターン »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/59447975

この記事へのトラックバック一覧です: ドコモが発表した通話定額プラン 音声+データ通信で一番安いのは?:

« 「通話定額」報道への不信感 | トップページ | フィットで車中泊するためのセッティング その1 後席倒し斜めパターン »

フォト

広告


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ