« 自動車の運転中にも便利な キャメルバック ポディウムボトル | トップページ | 危機管理的に見た車のシフトレバーの位置 »

2014年3月17日 (月)

無接点充電対応機器が増えれば

 私が持っているスマートフォンの中では、Nexus5とF-10Dが「置くだけ充電」の無接か充電器に対応しています。この充電方法のメリットとしては、ケーブルで繋がないので端子の破損や、接触不良による事故を防ぐことができるという点がありますが、個人的にはもう一つのメリットがあるような気がします。

 というのも、現在出ているスマートフォン、タブレット端末はmicroUSB端子が一つあり、充電用とデータ通信・外部機器接続用の両方に使うことができますが、何と言っても端子が1つしかないものがほとんどなので、同時に使うことができません。現実的な解決策として私などは給電しながらキーボードやマウスを使いたいような場合はBluetooth接続のものを使うわけですが、もし給電がワイヤレスでできれば、必要に応じて外部機器を有線接続できるわけです。

 私は多くの充電器を試したわけではないですが、小型の充電器ならスマートフォンを立てた状態での充電が何とかできれば、microUSB端子を別の用途で使えます。文字入力については、安定して入力ができ、多くのバリエーションの中から選ぶことができるUSB接続のキーボードを持ち歩くことも考えてもいいかも知れません。

 今後、折りたたみ機能でスマートフォンのスタンドにもなるような充電器が出てくれば、さらにモバイル環境で利用しやすくなります。そのためにも、今後多くの置くだけ充電が使えるスマートフォンやタブレット端末が出てきて欲しいところですね。今後の事を考えると、特にWindows8搭載のタブレット端末において、一つしかないmicroUSB端子を有効に活用できるような製品が出てきてほしいところです。

« 自動車の運転中にも便利な キャメルバック ポディウムボトル | トップページ | 危機管理的に見た車のシフトレバーの位置 »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/59306753

この記事へのトラックバック一覧です: 無接点充電対応機器が増えれば:

« 自動車の運転中にも便利な キャメルバック ポディウムボトル | トップページ | 危機管理的に見た車のシフトレバーの位置 »

フォト

広告


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ