« もしPHSのトランシーバー機能が残っていたら | トップページ | スマートフォンの発熱に関する報道について »

2014年2月21日 (金)

ローソン ハバネロビアスティック

 国際的なスポーツイベントを生で見ようとすると、ついつい睡眠不足に陥りがちになります。その影響で居眠りしてしまうのが車の中だったらこれは生命の危険が出てくるので、眠気を飛ばすためにコンビニ、ローソンに飛びこみました。

 私の中で眠気覚ましの食品の定番は「するめ」なのですが、コンビニのおつまみコーナーには200円以下で買えるおつまみシリーズがあり、噛みながら走れば噛んでいる間は眠気が飛んでいきます。強烈なミントタブレットと比べると、眠気を長い間飛ばすという意味では長い時間噛んでいられるものが私には合っていて、今回もするめの足を買おうと思ったのですが、その中にちょっとそそられるものがあったので試してみることにしました。それが、激辛のハバネロを使ったスティック状のビーフジャーキー「ハバネロビアスティック」でした。

20140218_131730

 するめやビーフジャーキーは、一気には噛み切れないことで何回も顎を動かし、眠気を飛ばしている感じですがこのハバネロビアスティックは柔らかいスティック状なので、ある程度噛みごたえはあっても歯にはそれほど負担はかかりません。そのかわりと言うか、ハバネロの辛味は結構あって、頭に辛さが来て眠気が飛んでいくような効果が出てきました。35グラムのパックで198円で、カロリーも138kcalと、ポテトチップと比べると低いので、睡魔に襲われそうな場合にたばこをくわえるように口に入れながら眠気をやりすごすのもいいのではないかと思いますね(^^;)。

 恐らくこの種のものはどのコンビニチェーンにもあると思いますので、このコンビニならばこのおつまみをという感じで旅行中に立ちより、眠気をやりすごすための食べ物を物色するというのも大事なことかなと思います。ただ、くせになって眠くないのに平らげてしまうと肝心な時に使えませんので注意しましょう(^^)。

« もしPHSのトランシーバー機能が残っていたら | トップページ | スマートフォンの発熱に関する報道について »

車中泊グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローソン ハバネロビアスティック:

« もしPHSのトランシーバー機能が残っていたら | トップページ | スマートフォンの発熱に関する報道について »

フォト

広告


2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ