« 100・106・108通話サービス終了後の対策 | トップページ | NEC モバイルルータ Aterm MR03LN その3 Bluetooth再接続自動化の試み »

2014年2月 2日 (日)

NEC モバイルルータ Aterm MR03LN その2 ファーストインプレッション

 昨日から販売が開始されたドコモのmicroSIMカードを差して使えるモバイルルータAterm MR03LNですが、無事発売日に入手できました。購入時のバッテリー残量は40パーセントほどでしたが、ACアダプタに繋ぎながら設定をしているうちにそこそこ充電できましたので、まずはどんなものか使ってみることにしました。

 製品構成は前機種のMR02LNと同じですが、本体も取り替え可能な電池もかなり薄くなっています。ただ、電池容量は前機種と変わりません。スマートフォン用のアプリケーションも前機種のものがそのまま使えました。その他、大きな違いは物理的なボタンは電源ボタンしかなく、他の操作はスマートフォンのように画面をタッチして行なうようになったことで様々な情報を表示したり、細かい設定がある程度はルータ側でできるようになりました。

 あと、データ量が画面で確認できるようになったため、私が使っている1日30MBまで高速通信できるOCN モバイル ONEの一番安いプランでどこまで高速通信できるのかわかりやすくなりました。ちなみに、データ量については月ごとに表示する設定になっているようなので、私のように1日ごとにデータ通信量のリセットを手動ですることが必要になります。

 このモバイルルータはWi-Fiでより高速な通信ができるようになっていますが、私はどちらかというとBluetoothテザリングに魅力を感じており、これから紹介することも全てBluetoothテザリングで行なったものです。というのも、これからはそれ自身にSIMカードを内蔵しない端末とセットで使いこなそうと思っているからです。

R0010703

 具体的にはNexus 7(2012)と、iOS6.1.5にバージョンアップした現行より1世代前のiPod touchを持ち運んで使えるようになればいいなと思っていました。また、今後Windows 8.1を搭載したタブレットを購入した場合、現状ではなかなかSIMフリーのスロットが付いたLTEおよびFOMAプラスエリアの両方のエリアをカバーする製品が出てくることは難しいと思うので、このルータで間に合わせたいと思っています。ちなみに、名前を挙げた2機種はPANでの接続をサポートしているので問題なくインターネットに接続でき、メールの受信通知も問題なく表示されます。Bluetoothでのテザリングは、このルータでは5台まで同時接続が可能です。

 Bluetoothでテザリングということですと、単にペアリングしただけでは駄目で、改めて設定画面を出して、そこから接続の操作をする必要があります。そうして接続しても、安定して接続が持続されない場合があり、その都度手動で設定画面を開き接続をしなおしていたのですが、アンドロイド用のアプリとして、Bluetoothをonにしたら自動的に接続までを代行してくれるアプリ「Bluetooth Auto Connect」をNexus 7(2012)に導入してみました。詳しい設定については「Bluetooth Auto Connect 設定」というキーワードで検索をかけるとやり方が書かれたページが出てくると思いますので、それらのページを参照してみてください。

 個人的に目指したものは、モバイルルータを一日中付けっ放しにしてNexus 7に繋げ、SIMカードを入れたタブレットと同じように使うということだったのですが、これについてはもう少し使ってみていつのまにかネットが切断されていなければ万々歳です。それはモバイルルータの問題ではないので、引き続き検証することにして、最後に電池の持ちと接続スピードについて紹介します。

 まず、昨日の午後3時頃に90パーセントくらいまで充電して外に持ち出し、そこからずっと追加充電せずBluetoothテザリング可能な状態を保っていて(エコモードに設定)、途中Nexus 7の接続が切れてしまっていた時間があったのですが、9時間くらい使って残りの電池容量は70パーセントくらいです。電池の持ちは予想以上ですが、これも一日フルに使った場合に変化が出てくると思いますので、継続的に使ってみて改めて評価してみたいと思います。また、高速通信が使える段階でOCN モバイル ONEのSIMカードをBluetoothテザリングした場合、下り1.73Mbps、上り1.62Mbpsとカタログ値の上限が3Mbpsだということを考えるとまずまずといったところです。これだけのスピードが出るなら、私の使い方ではあえてWi-Fiテザリングを使うこともないと思います。とりあえず使ってみての感想ということで、今後気が付いたことや面白い使い方などありましたら引き続いて紹介させていただきたいと思っています。

« 100・106・108通話サービス終了後の対策 | トップページ | NEC モバイルルータ Aterm MR03LN その3 Bluetooth再接続自動化の試み »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/59053015

この記事へのトラックバック一覧です: NEC モバイルルータ Aterm MR03LN その2 ファーストインプレッション:

» モバイルWi-Fiルータ「Aterm MR03LN」が欲しくなった [トドのつまりは・・・ V2]
モバイルWi-Fiルータ「Aterm MR03LN」を使っている人のレビューを探してみたら、人気機種であるせいか、これがかなり多い。 Aterm MR03LNを買ってみて数日つかった感想 ? どこか遠くでのんびり怠惰に暮らしたい 格安SIMに最適!NECルータAterm MR03LNをBIC SIMで使ってみた Aterm MR03LN レビュー【開封編】:MONOは試し:So-netブログ Aterm MR03LNを買ってきた : 8796.jp管理日誌 NEC モバイルルータ Ater... [続きを読む]

« 100・106・108通話サービス終了後の対策 | トップページ | NEC モバイルルータ Aterm MR03LN その3 Bluetooth再接続自動化の試み »

フォト

広告


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ