« ウィルコムのハイグレード電話機 WX12K を冷静に評価すると | トップページ | イヤホンは共通にして変換コードの用意を »

2013年11月 9日 (土)

今さらながら「ポケベル入力(2タッチ入力)」をおさらいする

 スマートフォンが入力の主力になる今、あまり需要はないかも知れませんが、スマートフォンの充電がなかなかできない旅行中や災害時に携帯電話しかまともに使える通信端末がない場合、どうしても携帯電話のキーボードから入力する必要が出てくることもあります。私がつい先日機種変更して手に入れたシャープ製のPHS電話機WX03SHではポケベル入力に対応していて、いざという時のメール送信には役立つと思われます。ちなみに私がウィルコムの副回線として契約している京セラのWX01Kはポケベル入力には対応していないのですが、その分別に持っている携帯電話はポケベル入力に対応しています。今後、メインで使う電話機を選ぶ際には、できるだけ日本語入力方法にポケベル入力ができるものを選ぶようにしたいと思っているのですが、今回は自分のためのおさらいも兼ねて、「ポケベル入力(2タッチ入力)」の方法と最低限覚えておくことをここにまとめておきたいと思います。

 まず、携帯電話のキーボードについて、1から0までの数字キーと「*」「♯」という12個のキーしかない中、どう文字を入力するかということについて考えてみます。普通の方法は、キーボードに刻印されている行のキーを目的の文字が出てくるまで連打することで実現しています。例えば、ひらがなの「お」を入力するためには数字の「1」のキーを5回押せば「あ→い→う→え→お」の順で出てきます。小文字を入力するためには更に押し続けることが必要で、小文字の「ぉ」を出すためには10回押し続けなければいかないわけです。また、同じ行の文字を連続して出す場合、いったん文字を出した後でカーソルキーを使い入力場所を移動させる必要があります。短文の入力ならこの方法でもいいかも知れませんが、長文をストレスなく入力するためには、あえて別の方法であるポケベル入力を試してみる価値はあると思って私は実践しています。

 この入力方法を行なうにあたって、まずはお持ちの端末がポケベル入力に対応しているかどうか確認して下さい。機種によっては入力方法の名前が「2タッチ入力」となっている場合もありますが、どちらでも入力可能です。基本は以下の通りになります。

(1打目)
あ行 1
か行 2
さ行 3
た行 4
な行 5
は行 6
ま行 7
や行 8
ら行 9
わ行 0

(2打目)
母音A 1
母音I 2
母音U 3
母音E 4
母音O 5

(入力例)
「ささにしき」を入力するためには「3131523222」の10打となります。

 数字の並びだけを見ると難しく感じるかも知れませんが(^^;)、1打目のキーは文字盤に印字してあるカナと同じなので、2打目を入力する要領さえ覚えればそれほど難しくはないように思います。なお、例外として「わ行」の文字は

わ 01
を 02
ん 03

 となります。ただ、これだけだと入力していくうちに問題が発生します。日本語には小文字の入力、濁点半濁点、棒引きや記号、スペースなどもあります。これについてだけは単独で覚える必要があるので、その部分を紹介します。なお、機種によっては小文字を入力する場合、通常の入力と同じ文字変換キーで対応できるものもあります。

69 -(棒引き)
80 大文字と小文字の入替(促音入力などに)
88 スペース(80もスペースになっているものもあります)
04 ゛(濁点)
05 ゜(半濁点)

 最低限この5つを覚えておけば大丈夫でしょう。予測変換を併用すれば句点はそちらから入力できますし、数字や他の記号、アルファベットを入力したい場合には説明書を確認して覚えてもいいですが、あえて日本語読みで数字やアルファベットを入力して変換入力というパターンの方が早いかも知れません。

R0010635

 最後に、奇跡的に私が保管していた(^^;)、NTTdocomoが以前発行していたポケベル入力のための表が付いたカードを紹介します。この表にあるものが全て入力できるわけではありませんが、今でも現行の端末で入力できるハートマークのような記号もありますので、画像を拡大してわかる範囲で必要な方は活用していただければと思います。もしお使いの携帯電話にこの入力方法が付いていたら、興味のある方はよろしければ試してみてくださいね(^^)。

« ウィルコムのハイグレード電話機 WX12K を冷静に評価すると | トップページ | イヤホンは共通にして変換コードの用意を »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

あぁ仲間がいた

私も2タッチですよhappy01

盡命 さん コメントありがとうございます。

入力方法の優劣については議論があるところだと思いますが、できるだけ多くの中から選べる端末があった方がいいですね。先日機種変更したばかりのPHS電話機を選んだ理由の一つは、入力方法にポケベル入力があることでした。ちなみに、ウィルコムが新しく出て、一瞬しまったと思ったWX12Kの入力方法にはポケベル入力はないようです。それではいかに便利でも単体で日本語入力するには私は難儀してしまうので、その点でもほっとしています(^^)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/58539459

この記事へのトラックバック一覧です: 今さらながら「ポケベル入力(2タッチ入力)」をおさらいする:

« ウィルコムのハイグレード電話機 WX12K を冷静に評価すると | トップページ | イヤホンは共通にして変換コードの用意を »

フォト

広告


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ