« AQUOS PHONE WX04SH1台か3回線を別々に持つか その2 データ通信とスマートフォン | トップページ | AQUOS PHONE WX04SH1台か3回線を別々に持つか 番外 イーモバイルという選択 »

2013年10月24日 (木)

AQUOS PHONE WX04SH1台か3回線を別々に持つか その3 毎月および3年間支払料金の比較

 ここまで、PHS電話機以外の3G電話機およびスマートフォンについて述べて来ました。私は端末は白ロムで時間を掛けて揃えて来ましたが、いちいちそのようにして揃える手間というものをいやがる方もいると思います。その点ではかなりマニアックな方法だとは思うのですが、果たしてどれくらいの費用がかかるのかというのは気になる方もいるかも知れません。ここまで紹介してきた組み合わせで、支払いはどのくらいになって、WX04SHと比べるとどうなのかということを具体的に数字を出して比べてみたいと思います。

 まずは、WX04SHの場合ですが、支払金額は私がこれを書いている現在、パケット料金のキャンペーンをやっていて、これにうまく乗れるかどうかで支払金額が違ってきます。そこで、キャンペーン別にウィルコムで契約する場合を、月々と3年間(契約プランの関係)のだいたいの支払額を出してみます(ウィルコムの端末の料金については、ウィルコムネットショップの2013年10月現在の金額で算出し、ウィルコムの契約事務手数料とユニバーサルサービス料、そして消費税は計算に入れていません)。細かいところでの間違いがあるかも知れませんが、その点はどうぞご了承下さい。

(ウィルコムプランLite 24ヶ月1000引きのキャンペーン加入の場合)
・基本料 980円
・WEB接続料 315円
・パケット定額料 24ヶ月 1,980円 25~36ヶ月 2,980円
・誰とでも定額 980円
・あんしん保証サービス 498円
・端末代金0円(W-VALUE割引込み 24ヶ月継続しての契約が必要)

 この場合の支払いイメージは月4,753円(24ヶ月)、5,753円(25~36ヶ月以降)となり、単純計算なので実質の支払額と違ってくるかも知れませんが、3年間の支払い総額は183,108円となります。

(ウィルコムプランLite 6ヶ月1000引きのキャンペーン加入の場合)

 こちらの場合はパケット料金の割引期間のみ違い、月4,753円が6ヶ月、残りの36ヶ月までが5,753円となり、3年間の支払い総額は201,108円となります。

(ウィルコムプランLite キャンペーンなしの場合)

 これが本来の料金になりますが、上記2つのキャンペーン価格と比べるとやはり高めに感じます。この場合は月々5,753円が36ヶ月で、3年間の支払い総額は207,108円になります。

 次に、ここまで紹介してきた3台持ちの費用です。ここでは3G携帯電話の維持費を980円にし料金プランの変更に料金はかからないことを前提に計算しています(MNPの場合はキャッシュバックなどがあると思われるので、登録手数料分はカウントしません)、データ通信カードの月額はBIC SIMの月945円に登録手数料の3,150円をカウントし、これにPHS電話機の支払い額を加えていきます。なお、ウィルコム以外の端末入手を白ロムですることを想定し、スマートフォンと3G用ガラケーの購入費用として25,000円を加えることにします。白ロムで購入した端末については修理保証は付きませんが、新たな白ロムを購入してカード入れ替えで使うことができます。この点について何かあったら不安だと考える方はある程度安くなることがわかっていても、こちらのプランを選択しない方がいいかと思います。また私のようにある程度カードを入れ替えて使えるガラケーやスマートフォンをすでに持っているという方の場合は、純粋に通信料のみで使えるので結果的に安く上がるということもあるかも知れません。では、ここからはウィルコムで選択する電話機の機種別に紹介していくことにします。

(ENERUS WX03S)…ブラウザなし メールのみPHS通信可能 防水なし
・新ウィルコム定額プランS 1,450円
・誰とでも定額 980円
・あんしん保証サービス 498円
・端末代金 W-VALUE割引で実質0円
・3Gk携帯維持費 980円
・BIC SIM 945円 登録手料料3,150円

 この場合の毎月の支払い額は3年間変わらず月4,853円で、3年間の支払総額は月額合計の174,708円に白ロム代の25,000円を加えて202,858円となります。

(HONEY BEE5 WX07K)…ブラウザおよびモデム機能あり 防水防塵
(PANTONE WX03SH)…ブラウザありモデムなし 防水防塵 スマホ連携機能あり
・基本料金などはWX03Sと同じ
・端末代金W-VALUE割引で実質390円

 こちらの場合はPHSの端末代があるので、月々の支払額は25ヶ月までは5,243円で、それ以降は4,853円に下がります。3年間の支払総額は上と同様に白ロム代とBIC SIMの登録手料料を加えると212,218円となります。

 ここまで比較してきましたが、パケット料金割引のキャンペーンが使えればWX04SHは3台持ちより多少安くなりますが、例えば2年の端末の分割払の期間終了とともに解約した場合は規定の解約金がかかりますので、3台持ちとの支払総額は逆転する可能性があります(3台持ちの場合、ウィルコム契約以外は解約金はかかりません)。

 ここまで紹介してきて、3台持ちをしてもそれほど毎月の維持費がかかっていないことだけはおわかりいただけたと思います(^^;)。このエントリーにどれだけの需要があるかはわかりませんが、参考になれば幸いです。

« AQUOS PHONE WX04SH1台か3回線を別々に持つか その2 データ通信とスマートフォン | トップページ | AQUOS PHONE WX04SH1台か3回線を別々に持つか 番外 イーモバイルという選択 »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/58442698

この記事へのトラックバック一覧です: AQUOS PHONE WX04SH1台か3回線を別々に持つか その3 毎月および3年間支払料金の比較:

« AQUOS PHONE WX04SH1台か3回線を別々に持つか その2 データ通信とスマートフォン | トップページ | AQUOS PHONE WX04SH1台か3回線を別々に持つか 番外 イーモバイルという選択 »

フォト

広告


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ