« 列車シートと車のシートを比べると | トップページ | 旅に持ち出すボトル2013夏 »

2013年5月24日 (金)

クレトム 断熱・光消臭シェード スタンダード SA-63

20130523_115312

 良く買い物に行くカー用品ショップで普通に買い物をしていたら、たまっているポイントが千円分くらいあり、ポイントの期限がそろそろだと言われたので、改めて売り場に戻り、千円くらいのもので今の車で使えそうなものを探していて見付けたのがこのサンシェードでした。

 この種のものはピンからキリまであり、あくまで安くという事であれば100円ショップでも入手可能です。しかし今回予算が千円前後という事で、さまざまな種類の中から選択することができました。

 千円くらい出せると、いわゆるぺらぺらの一枚ものではなく、二層構造で断熱性がいいものを選ぶことができます。この製品はさらに光触媒の力で車内の消臭ができるということと、表面がシルバーとブルーになっているため、リバーシブルで使えるというのも良さそうに思えました。

20130523_115434

 実際に装着してみると、付属していた吸盤を使わなくてもぴったりと前面ガラスにフィットします。ペラペラでない分だけ逆に少々装着するのに大変ではあるのですが、サンバイザーを開いてから装着すればスムーズに行きます。この点だけは安い一枚のものの方が自由に折れ曲がってセットしやすいのですが、多くの車のフロントを見ると、装着用の吸盤が熱により劣化し、さらに薄い素材で折れ曲がってしまったサンシェードが用をなさなくなり、一部車内に直射日光が入り込んでしまっているパターンも見かけます。そのようなものを使っている方は、フロントガラスにジャストフィットするサンシェードに買い替えを検討してもいいでしょう。

 ちなみに、最初に紹介したパッケージにはQRコードが印刷されていて、携帯電話やスマートフォンなどでURLを読み込むと、自分の乗っている車の車種別に、適合サイズを教えてくれます。店頭で私も検索を行なった結果、スタンダードタイプが適合しているということでこのサイズを買い、無事に問題なく装着できたわけです。

 さらに車中泊で使う場合、サンシェードの使い方は日光を遮るものとしてだけでなく、夜間の目隠しとしても使う事が多いでしょう。さらに言うと断熱効果を持つものを導入した方が翌朝出発の際にガラスの曇り方にも違いが出てくることが予想されますので、車中泊で使う場合は厚いタイプを選択するのがいいような気がします。

« 列車シートと車のシートを比べると | トップページ | 旅に持ち出すボトル2013夏 »

車中泊グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クレトム 断熱・光消臭シェード スタンダード SA-63:

« 列車シートと車のシートを比べると | トップページ | 旅に持ち出すボトル2013夏 »

フォト

広告


2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ