« データ放送の存在意義とは | トップページ | 電池を使ったグッズたち その8 単三4本で動くグッズ »

2013年3月26日 (火)

電池を使ったグッズたち その7 単三3本で動くグッズ

 単三電池3本で動くというものはそれほどあるわけではありません。そして、充電池を利用して使い続けるには結構大変だというのが正直なところです。しかし、魅力的な製品があればそんな事は言ってはいられないわけで、私が常用している2つの製品はどちらにもそれなりの味があります。

・TECSUN PL-398MP とGENTOS EX-837NX
http://syachu.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/tecsun-pl-398-1.html

 元々小型ランタンのEX-837NXを気に入って使っていました。この製品は明るさと電池寿命を両立したいいものなのですが、単三電池3本という使用電池の数がネックでした。それが、新しく単三電池3本で動くラジオ兼外付スピーカーにもなるPL-398MPが加わったことにより電池の組み合わせがしやすくなりました。上記リンクの記事でも説明していますが、私の場合は充電池をローテーションして使い回しているので、同じ本数で使える機器が増えていくとさらに使いやすくなるのですね。

 ただ、一般的には単三電池3本というパターンの製品はなかなか扱いづらいものである事に変わりはありません。改めて購入する前にはどんな電池を何本使っているのかを確認することが大切でしょう。この他にこのブログで紹介したものとしては、レジャー用の連絡用として使えるものもあります。

・特定小電力型トランシーバー ICOM IC-4008
http://syachu.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/icom-ic-4008-a5.html

 現在は携帯電話の普及で用はないかも知れませんが、複数の車での移動通信用とか、携帯電話の通じない場所での使用、更にはライフラインが止まった災害時の連絡用としても使えない事はありません。旅先でトランシーバーをよく使っている方は、単三3本で使える機器を探して揃えてみるのもいいのではないでしょうか。

« データ放送の存在意義とは | トップページ | 電池を使ったグッズたち その8 単三4本で動くグッズ »

単3単4充電池活用法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電池を使ったグッズたち その7 単三3本で動くグッズ:

« データ放送の存在意義とは | トップページ | 電池を使ったグッズたち その8 単三4本で動くグッズ »

フォト

広告


2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ