« ようやく開始されたWillcomの「迷惑メールフィルタ」 | トップページ | JTT My Charger Multi Lite »

2013年3月 3日 (日)

楽天ブロードバンドLTE エントリープラン 私の利用形態では

 NTTdocomoの回線を使い、スピードなどを限定することで毎月の利用料を安くできるスマートフォンで使えるSIMカードを提供するサービスは多くあります。2013年3月に入って新たにプロバイダのアサヒネットが参入するそうですが(通信速度128kbpsで月額785円とのこと)、実質的なスピードや使い勝手は実際に使ってみないとわからない部分があるんですね。以前使っていたiiJmioのプランは、安定して200kbps前後のスピードで繋がっていて気に入っていたのですが、さらに高速のネット接続が同じ金額で200MBまで使える楽天ブロードバンドLTEのエントリープランに変更してしばらく経ちました。結論から言うと、私の使い方ではとりたてて不都合な点は出ていません。むしろwebページを開く場合など明らかに楽天の方がストレスなく使えていますので、まずまず納得かいっています。

 ちなみに、2013年2月末にスピードテストを行なったところ、出たスピードはだいたい500kbpsといったところでした。サービス導入時には同じスピードテストを行なったら1.2Mbpsぐらいとかなり速い数値が出ていたのですが、今回計測した端末がLTEに対応していないものという所もあるものの、やはり多くの人が移ってきているのかなと思います。ただ、何とか月末までハイスピードを維持できる200MBの通信量以下で収まっているので、iijmioで続けるよりも快適に運用できていると思いますね。ちなみに、楽天メンバーズステーションにログインして2013年2月末の段階の通信量を見たところ半分以上余っていました(^^;)。

 私のスマートフォンでの3G通信は、全く操作をしない状態でのGmail自動受信のような通信および、アプリによるバックグラウンド通信は仕方ないとして、webページを見る場合は通常のブラウザをあえて使わず、画像を圧縮して読み込むためデータ通信量を少なくできる「Opera mini」を使ってネットを見るようにしています。さらにアプリの更新や動画視聴は決して楽天のLTE通信では行なわず、自宅の無線LANか、外でもWimaxモデムに接続して利用するようにしています。カーナビとして使う場合はSIM自体をDTIの490円のServersMan SIM 3G 100に入れ替えて使うので(カーナビとして使う場合はDTIのSIMで出るスピード30kbps前後くらいの早さでも問題なくナビゲートできます)、マップダウンロードによるデータ量の増加とも無縁ですし、ある意味うまく2つのSIMを使い分けられていると思っています。

 唯一気がかりなのは旅行時など3G通信しか通信手段がなくなってしまった場合ですが、そうなったとしても必要な場合しかネット接続しないような使い方に徹していれば、200MBを超えることは私の使い方ではそうはないと思いますし、もし200MBを超えてスピードが100kbps以下になってしまったとしても、大きなファイルのダウンロードやアップロードをしなければ何とかなるでしょう。もし、どうしてもスピードが必要になった場合は楽天LTEではなく、DTIのServersMan SIM 3G 100を使ってハイスピード通信をした方が実は安く上がります。楽天LTEは100MBあたり525円ですが、DTIの方は262円と楽天LTEよりも安く、そして専用アプリによってハイスピードが使えるダウンロード容量を残したまま、ハイスピード通信を切るなど、細かく切り替えの設定もできるので、状況に応じて使い分けると思います。私の使い方は別会社のSIMカードをもう一枚使うというちょっと変わった使い方ですが、楽天のSIMカードだけで運用しても、普通に使っていれば楽天LTEで十分という感じもします。

 Wi-Fi通信を常に利用できる環境をお持ちの方は、基本はWi-Fiでのダウンロードを利用しつつ、公衆無線LANを契約するという手も普段の活動範囲に公衆無線LANのアクセスポイントがある場合は検討する価値はあるでしょう。そうして扱うデータ量を調節しながら3Gを使う場合には常にハイスピード(もちろん最初に紹介したように500kbpsぐらいしか出ないハイスピードである可能性もありますが(^^;))で使えるこのプランは言うほど悪くないのではないかと思います。

 もちろん、ハイスピードで使えるデータ量が増える事に越したことはありませんが、私は自分に割り当てられたデータ量の分だけ使いつくすような感じで使ってもいないため、これ以上増えたとしてもかえって持て余してしまうのではないかとすら思えます。多くの方々の使い方は千差万別で、私のこうした感想は役に立たないかも知れませんが、Gmailを読みまくり、ちょくちょく外でwebページを見るくらいの使い方ならハイスピードで通信できる分楽天LTEは今のところ十分ではないでしょうか。

« ようやく開始されたWillcomの「迷惑メールフィルタ」 | トップページ | JTT My Charger Multi Lite »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/56875146

この記事へのトラックバック一覧です: 楽天ブロードバンドLTE エントリープラン 私の利用形態では:

« ようやく開始されたWillcomの「迷惑メールフィルタ」 | トップページ | JTT My Charger Multi Lite »

フォト

広告


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ