« トランギア ストームクッカーのグレードアップ化計画 | トップページ | 電子書籍でお金を取るなら…… »

2013年2月 1日 (金)

新しいWimaxモバイルルーター NEC AtermWM3800R

 私が今月からWimaxを再契約するというタイミングで、現在使っているWimaxルーターの新機種が出てしまいました(^^;)。本体サイズは小さくなり、さらに使いやすくなった機能改善が実現されています。

 一通り参考にさせていただいた紹介記事でも強調されていたのは、アンドロイド搭載スマートフォンやタブレット端末からアプリで操作しBluetoothを使って休止状態のルーターを起動させることができるということです(現状ではiPhoneなどiOS端末では休止状態にのみできるとのこと)。これまでは使う際にルーターを取り出して本体から起動する必要がありましたが、これからは鞄の底に放り込んだままでも端末を使う時のみ起動させて使えるようになるわけです。これならWi-Fi機能しかないアンドロイドのタブレット端末しか持たなくても、ほとんど違和感なく使い続けられるのは実に羨ましいです。端末側からルーターの起動をコントロールできるということは、以前の機種のように常に起動させておくようなことをしなくても良くなるので、結果的にトータルの使用可能時間も増えるということになります。

 また、いざという時のためにルーターの電池の容量が十分ある時に、スマートフォンに給電できる機能も有しているそうです。ただ、私の使っているWM3600Rと比べると大きさが小さくなった分、本体の電池容量は少なくなっていますのであくまで緊急用として割り切る必要はあるかと思います。ちなみに、私はリチウムイオン電池が長持ちするよう、現在無線ルーターに満充電をしない設定で使っていますが、新しいルーターに変更した場合、容量の違いがあるので、いざという時の給電機能を使いそうな場合は、常に満充電で使った方がいいかなと思います。

 また、本体に接続して使えるクレードルは別売りで、機能的には従来と同様、アクセスポイント機能とルーター機能を切り替えて使うことができます。本体には新たにディスプレイも搭載され、使い勝手は確実に向上していると言えますので、これから購入する場合は文句なくこちらの機種を選んだ方がいいでしょうね。私はすでに従来機で1年契約を選んでしまったので便利な機能は試すことはできませんが、その分すでに持っているクレードルを買い換えなくて済むというのは経済的にはメリットでもありますので。

 しかしこうなると、しばらくはWimax2の発表はないのかという気もしますね。それとも、ルーターの機能はほとんど変わらずにWimax2に対応したものが併売されるようになるのか興味は付きません。しかし将来どうなるかということは現段階で想像してもどうしようもないことだと思いますので、Wimax契約時にかかる金額およびクレードルとのセット価格まで含めて検討した上で、予算内に収まるようならとっとと手に入れて使いまくるのがいいと思います。それと、できるなら契約の縛りは1年にしておいた方がサービス・料金が変わったりさらに魅力的な端末が出てきた時に私のように諦めが付くと思います(^^;)。

« トランギア ストームクッカーのグレードアップ化計画 | トップページ | 電子書籍でお金を取るなら…… »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/56670242

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいWimaxモバイルルーター NEC AtermWM3800R:

« トランギア ストームクッカーのグレードアップ化計画 | トップページ | 電子書籍でお金を取るなら…… »

フォト

広告


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ