« TESニューエナジー 発電鍋 ワンダーポット7 | トップページ | ダイヤ印(協栄金属工業)アルミ製 寄せ鍋 »

2013年2月16日 (土)

スマートフォンのカメラでPDFファイルを作るアプリ「CamScanner」

 旅行のためではありませんが、最近になって仕事にからみA4の書類をできればPDFファイルにして保存しておく必要に迫られました。仕事の上だけではなく、観光パンフレットの類も現地で簡単に電子化できるなら、それはそれで言う事はありません。

 とりあえず単三電池2本で動くモバイルスキャナーを物色しようかと思ったのですが、とりあえず使うのは一枚単位であり、まとめてスキャンする事はまずないという事とアンドロイド用にカメラで撮影してPDFファイルを作るアプリ「CamScanner」が良さそうだったのでとりあえず試してみる事にしました(iPhone用アプリもありますが、私のiPod touchはカメラ性能の関係で使いものになりません(^^;))。

20130215_234309

 このアプリには無料のものと有料のものがありますが、無料の方では作成されたファイルの下部に英語の広告が入ることと、保存数や同時にスキャンできる数に制限があります。私の利用法では一枚分スキャンするのが基本で、すぐにスマートフォンからパソコンかDropboxなどのクラウド上に移動させてしまうので(アプリ自体にDropboxへのアップロード機能があります)、無料の方で何とかなりそうです。

 当然ですが書類の品質はカメラの性能に影響されます。画素数だけでなくオートフォーカスの性能によっても文字が判別しにくくなりますので、手持ちのスマートフォンとタブレット端末でチェックしてみたところ、Sony Tablet Pではカメラの画素数は最大500万画素という事があるのか、我慢はできますがいまいちな品質で、もう一台のスマートフォン、Galaxy S2では最大800万画素でピントも合いやすいことから、何とか普通にコピーして出力するぐらいの品質にはなります。しかしファイルのサイズはその分大きくてほぼ倍(Galaxy S2で1.2MB Sony Tablet P で600KBくらい)でした。新しい端末を選ぶ際にはカメラの性能も考えた方がいいなと正直に思いますね(^^)。

 詳しい使用法についてはアプリ名で検索をかければ私より詳しい方が解説してくれているサイトが見付かると思いますのでこれ以上は書きませんが、もしご自宅まで出力が必要なければ、書類をコンビニでコピーするよりもこのアプリを使って自宅で出力するという方法も使えます。私の場合、インクジェットプリンターはブラザーのインクが継ぎ足しできる(もちろんメーカー保証はなくなります(^^;))機種を使っているので、インクジェット出力で大丈夫ならほとんど紙代だけの負担で複製を作ることができるようになりました。

 なお、スマートフォンのカメラ機能が弱い場合は、一旦デジタルカメラで撮影し、撮影した画像ファイルをアプリで読み込んでPDF化する事もできるようです。そうした事を見越す場合は、やはりUSBケーブルでSDカードリーダーが動く、USBホスト機能が付いたものの方が便利ですね。

« TESニューエナジー 発電鍋 ワンダーポット7 | トップページ | ダイヤ印(協栄金属工業)アルミ製 寄せ鍋 »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/56774217

この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォンのカメラでPDFファイルを作るアプリ「CamScanner」:

« TESニューエナジー 発電鍋 ワンダーポット7 | トップページ | ダイヤ印(協栄金属工業)アルミ製 寄せ鍋 »

フォト

広告


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ