« 大塚製薬 経口補水液 OS-1(オーエスワン) | トップページ | コンセントから多くのモバイル機器を一度に充電するために »

2012年12月18日 (火)

楽天ブロードバンド LTE 980円エントリープラン 契約しました

 先日このブログで紹介した、千円以内でそれなりにドコモの携帯電話網を使ってデータ通信のできるプラン「楽天ブロードバンド LTE 980円エントリープラン」を結局契約してしまいました。というわけで、IIJmioの定額プランは解約し、12月末で使っているSIMカードを郵送で返却することになりました。

 私の場合、現状では常に通信を行なっているGalaxy S2にDTIの490円SIMを入れているので、現在は無線ルータにIIJmioのSIMカードを突っ込んであります。DTIの3G通信はIIJmioに比べるとかなり遅いとは言え、メール受信や画像ファイルを自動的に圧縮して表示することができるブラウザーOpera Miniを使ってのブラウジングくらいならぎりぎり何とか使えるレベルにあるので、SIMを入れ替えたり無線ルータを使ってIIJmioの実質200kbpsで接続しても、劇的に使用感が変わるとは思えません。スマートフォンの方でIP電話を使っているような場合なら安定して100kbpsをオーバーするIIJmioには通話で使えるという安心感があり、このサービスを使うメリットは大きいと思いますが、現状では私はIP電話を使うことは差し当たって考えていないので、必要な時にそこそこのスピードが出た方が有り難かったりします。

 具体的には携帯電話の電波しかつながらないような旅先での場所で、一時的にストレスなくネットアクセスできる通信手段を確保しておきたいと思っていました。そうしたニーズに今回紹介する楽天ブロードバンドLTEがぴったりはまったという感じです。月額980円のエントリープランではデータ通信料200MBまで制限なしの速度が出るということで(キャンペーンでこれを書いている現在2012年12月末まで400MBまでサービスされています)、無線ルータにSIMカードを入れているので勝手に通信してしまう恐れもなく、普段は使わずいざという時のためにとっておくような使い方でもいいでしょう。もしサービス容量を超えてしまったとしても100kbps以下でのスピードで使い続けることができるので、DTIのSIMカードを入れているスマートフォン以外でもネット接続をしたい場合には何とか使えますし、ずっと使わずに高速インターネットができる状態で月末を迎えてしまいそうな場合はスマートフォンに差してあるDTIのカードと楽天のSIMカードを入れ替えれば十分に高速通信の恩恵を得られます。

20121217_143714

 実際、どの程度のスピードがLTEのエリアで出るかというと、アプリの数値で下り2Mbpsくらいは十分に出ていて、だいたいADSL程度といったところでしょうか。もし自宅でWi-Fiを使ったネット接続に慣れているなら、ほとんどストレスは感じないのではないかと思います。データ容量に制限があるとはいえ、月千円以下でこれだけのスピードが出るというのは本当にすごいと思います。

 ただ、このエントリープランはサブ的に使うことで味が出るような感じがします。私の場合のモバイルでのメイン回線はこれを書いている時点でWimaxなので、Wimaxが使えない場所限定で使うことを想定していますが、あくまでスマートフォンでのLTEをメインで使うなら、同じ楽天ブロードバンドLTEで1.9GBまで高速通信できる2,980円アクティブプランというものもあります。携帯電話会社の提供するデータ通信契約をやめてこちらに乗り換えてもSPモードやおサイフケータイのサービスが使えないということはありますが、スマートフォンを普通に使っていてデータ使用料が2GBを超えることはまずないと思いますので、その他の使い勝手には全く遜色ない程度までのデータ通信ができるでしょう。また、他社になりますがデータ通信容量が1GBまででよければIIJmioのライトスタートプランなら月額1,974円で済みますし、イオンスーパーで契約可能な日本通信のb-mobileサービスでは、従来の契約からの変更に限られるものの、1,980円で1GBまでデータ通信が使えるプランも登場しています(どちらも1GBを超えた場合はスタンダードなプランの低速接続に切り替わります)。今まで携帯電話会社に高いデータ通信料を払っているなら、こうした選択肢も総合的に考えた上で自分に合った契約の形態を選ぶべきでしょう。

 そしてユーザーにとって嬉しいことに、このような一連のプランには途中解約での違約金が出るようなことがないのもポイントです。私の場合でもほんの数ヶ月でさらに有利なプランが他社から出た場合、乗り換えの場合解約をしたとしても月額料金以外の違約金は発生しないのです。その分新たな契約時の手数料は余分に掛かってしまいますが、解約時の費用が発生しないことから、私もブログでたくさんのプランを試して紹介できるのです(^^)。私が今契約しているWimaxの縛りは来年の2月までなので、状況によってはWimaxの契約を更新しないという選択肢もありとなり、さらに来年に向けて悩むことになりそうです(^^;)。総選挙も終わり、電気料金の値上げなど今後の家計の負担は増えることが予想されますので、こうしたサービスをうまく使って電気料金値上げ分くらいは携帯電話のネット通信料を節約した分でまかなえるように工夫したいものです。

« 大塚製薬 経口補水液 OS-1(オーエスワン) | トップページ | コンセントから多くのモバイル機器を一度に充電するために »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/56341124

この記事へのトラックバック一覧です: 楽天ブロードバンド LTE 980円エントリープラン 契約しました:

« 大塚製薬 経口補水液 OS-1(オーエスワン) | トップページ | コンセントから多くのモバイル機器を一度に充電するために »

フォト

広告


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ