« 手ピカジェルproは燃料になるか? | トップページ | 緊急放送対応のテレビについて »

2012年12月 7日 (金)

楽天ブロードバントLTE 月980円のエントリープランとは

 私のモバイル通信の使い方として、旅行にさえ出なければ制限なしのWimaxを安定して使える状況にあるので、ドコモ網を利用したSIMカードサービスはとりあえず安定してスマートフォンなどでメールチェックに使えればという風に考えています。しかし、すでに利用されている方もびっくりしているかも知れませんが、LTEで200MBまで高速通信が可能で、容量を越えた後については100kbps限度での通信になってしまうものの、月額980円という楽天ブロードバンドのLTEサービスが出てきたことでまたこの種のサービスも単なる安さ競争ではなく、その中で限定的にではあるもののLTEのスピードをも実感できるようなものへと変化しつつあるようです。

 私が現在使っているLTEをサポートするIIJmioはアナウンスされる速度こそ128kbpsですが、端末で測定した数値では200kbps程度のスピードを誇ります。しかし本来のLTEのスピードを体感するためにはオプション料金が必要です。それが、ほとんど月額料金が変わらず200MBまで高速通信ができるということでしたら、かなり魅力的に映る方も多いことでしょう。

 ただ、あくまで料金的なことで言うと、DTIの月490円のサービスはLTEでない3Gのサービスではあるものの、月200MBまで高速通信を使う場合は100MBごとに263円というチャージなので、490円にチャージ二回分の526円をプラスすればだいたい同じくらいの料金にはなります。最初から高速通信ができる楽天LTEと違い、DTIの方は必要な時だけチャージをスマートフォンのアプリ上からすることができるので、メインで使わずにいつもはメール着信の確認ぐらいに使うなら、月額利用料の基本料は安くできます。常に200MB使い切るわけではなく、旅行の時の必要な状況のみ高速通信を使うという利用のしかたも出来ますので、それなりのメリットはあるでしょう。しかし、DTIは高速通信でないスタンダード通信の場合、100kbpsと言いながらも実質30kbps程度しかスピードが出ないことが私の場合では多いため、そこがネックです。

 楽天のLTEの契約を考える場合も、高速通信できる200MBを超えた場合どうなるかということをしっかり見極めないとなりません。ただネット上の口コミを拝見する限りは、高速通信終了後でも100kbps弱くらいは出ているようですので、DTIよりはストレスなくスマートフォンでのネットがつながるくらいの感じでしょうか。同じ月額で比べる場合、常に200kbpsくらいは出るIIJmioの通信に慣れている人が、楽天LTEの100kbps程度の速度で我慢できるかというのも乗り換える際は考慮すべき点であるかも知れません。そして、考慮すべきもう1つの可能性としてIIJmioでは「ライトスタートプラン」という月1,974円で1GBまでの高速通信が使える新プランが出ています。こちらのプランはデータ通信量が1GBを超えても、従来通り200kbps程度は出ると思いますので、こちらも魅力的ですが残念なことに現状ではIIJmioの方ではプラン変更はできず、このプランにユーザーが変更する場合は一旦解約して入り直す必要があります(改めて初期費用が3,150円かかるわけです)。

 なお、先月から開始された楽天LTEですが、サービス開始時のキャンペーンは12月末まで延長されたようなのでその点についても乗り換えを考えている人には気にしておくべき事だと思います。12月末までの高速通信の制限が400MBと倍になり、初期登録料金も通常の半額という2,100円でできるそうです。IIJmioでSIMカードを通常SIMからmicroSIMに変更する場合の手数料が2,100円なので、現在IIJmioの通常SIMをMicroに変更しようと思っている人にとっては乗り換えのチャンスであることは間違いないようです。このキャンペーンを生かしての申し込み期限が2012年12月13日の9:59までと迫っているので、私自身どうしようかと考えながらこのエントリーを書いています(^^;)。

 今のところDTIの490円3Gサービスは継続して利用予定です。これは標準SIMで持っているので、現在入れているGalaxy s2でもSONY Tablet Pでも挿入して使えますし、単体のスマートフォンやタブレットに入れておくのには十分でしょう。今IIJmioのSIMは無線ルータのL-09Cに入れてありますが、ルータを使う状況は自分でコントロールできるので、あえて日常的に使わないなら、ほとんど同じ月額で高速通信ができるSIMの方が旅先の山の中などWimaxが通じない場所で使う用途としてはこちらの方がいいかも知れませんね。そして、月終わりに高速通信を使い切れなそうな場合は通常使っているスマートフォンと入れ替えて使ってもいいですし。ちなみに、キャンペーンを利用するためには専用ページからのアクセスが必要なようですが、ここではあえてリンクをしませんので(^^;)、興味のある方はご自身でお探しになって内容を検討してみてくださいね。

« 手ピカジェルproは燃料になるか? | トップページ | 緊急放送対応のテレビについて »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/56265356

この記事へのトラックバック一覧です: 楽天ブロードバントLTE 月980円のエントリープランとは:

« 手ピカジェルproは燃料になるか? | トップページ | 緊急放送対応のテレビについて »

フォト

広告


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ