« 三角表示板の仕舞い場所 | トップページ | 修善寺 虹の郷 「もみじライトアップ」を楽しむ »

2012年11月25日 (日)

アイリスオーヤマ RV BOX 800

 私の場合だけかも知れませんが、日常的に車の中に車中泊のための荷物を積み込んでいるのですが、限られた狭いスペースしか私のワゴンRは持っていないので、ついつい空いたスペースに物を押し込むことで全体的に積載量を上げるパターンに陥りがちでした。

 そうしたことをやりすぎると、肝心な時に肝心なものを取り出すことができないという問題に突き当たります。また、車の掃除をする時や車を入れ替えるような場合にはすべての荷物を外に出すことを先にしなければならないということで、かなり面倒になります。このことについて、どうしたものかと常々思っていました。

 さらに、今までは小物などをクーラーボックスに入れたままにしていたのですが、それだとせっかくのクーラーボックスを単なる物入れとしか使えないということもあり、クーラーボックスは常時積載せず、必要に応じて後部座席にでも載せるとして、その代わりとして頑丈なコンテナボックスを導入しようと思い立ちました。先日ホームセンターをめぐりながらさまざまな条件を満たすものを物色した結果導入したのがアイリスオーヤマのRV BOXのシリーズでした。

Dsc00885

 実際にいろいろなコンテナボックスを見ていく中で、上に積み上げられるものは多くあるものの、フタの部分の強度が弱く、使っているうちに破損してしまうことが予想できました。できればボックスの上にもある程度の重量があるものを乗せたいと思っているので、その観点からすると私の要望に合わないものがほとんどでした。しかしこのRV BOXは耐重量80kgを誇り、ちょっとしたベンチ代わりにも使えるほどのフタの強度があります。一番スタンダードで容量の多いRV BOX 800は実売価格が2千円弱で、容量も約60リットルとそれなりにあります。写真のようにワゴンRの荷物スペースにも余裕を持って収納できるので、本来はこの中にすべての荷物を入れられればいいのですが、ご覧の通りまだ余分な荷物があるので(^^;)、さらに小さめのボックスを追加購入して今回購入したものの上に設置する予定です。

 ただこれで、車中泊のためのシートアレンジをする際に崩れてくる荷物を気にすることもなくなりましたし(^^;)、床下に収納しているものを取り出す際には、とりあえずこのボックスを下ろせばすぐに出せるようになりましたのでかなり楽になりました。また、車に大きなものを乗せなければならなくなった場合の荷物を取り出す時間も短縮できるので、後部座席周辺を有効に使えるようになると思います。また今後、ワゴンRから車を乗り換えるような状況になった場合でも、収納についてはこのボックスが収納できるような感じで考えれば良くなりました。今後は無駄な荷物を減らすためにも、用意した荷物が全てこの種のコンテナボックスに納まるような形で常備する荷物の再検討に入りたいと思っています。

« 三角表示板の仕舞い場所 | トップページ | 修善寺 虹の郷 「もみじライトアップ」を楽しむ »

車中泊グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイリスオーヤマ RV BOX 800:

« 三角表示板の仕舞い場所 | トップページ | 修善寺 虹の郷 「もみじライトアップ」を楽しむ »

フォト

広告


2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ