« エアウィーヴ エアパッド016 | トップページ | 電池管理の楽しみ »

2012年8月 7日 (火)

大量の電池を持ち運ぶために

 サブバッテリーやポータブルバッテリーを併用されている場合は別ですが、私のようにニッケル水素電池を中心に旅行中の電気をまかなおうと思われている方は、持っていく電池の数は多ければ多いほどいいといえるでしょう。携帯電話やスマートフォンの充電に使うため、ポータブルバッテリーに入れかえて使ったり、夜の間扇風機を動かすために使うような場合は、一日にかなりの数の電池を使い切ってしまうことが予想できます。当然充電のための機器は持って行くにしても、何らかのトラブルで充電できなくなるような状況も考えられるため、やはり10本~20本くらいのストックがあると安心です。

 しかしながら、そうした大量の電池をまとめて持ち運ぶのは結構大変です。多くの単3電池用の携帯ケースは4本一組のものばかりで、20本を持っていくためには5つのケースを用意しなければなりません。ケースの代わりに袋の中に入れて持ち運ぶことができればいいのですが、袋の中で電池の+-端子がショートしてしまったりする可能性もなくはないので、安全に多くの電池を持ち運べるケースの用意が必要不可欠だと思います。

Dsc00601

 写真の電池ケースは、両開きになっていてそれぞれ6本ずつの単3電池が入ります。一つのケースで12本入るので、2つあれば24本になります。ちなみに、このケースは100円ショップのセリアで購入したものですが、これだけ大量の単3電池を同時に収納できるケースは電気屋さんやパーツショップでもそうそうお目にかかることはなく、むしろこれを買いに100円ショップのセリアまで行った方がいいのではないかと思える逸品です。

 とりあえず私は写真のように2個確保していますが、先日購入したニッケル水素電池を車内のシガーソケット経由で同時に16本充電できる充電器を活用していくと、もう一個ぐらい手に入れて、徐々にその中に入れる電池の数も増やしていけば、まず旅行中に電池の不足になることはないだろうとふんでいます。今はまだそんなに電池を持ち運ばないと思っている方も、単3電池を使う機器を普通に使うようになっていくにつれて、使う電池の個数も増えていくようになっていくでしょう。エネループやエボルタの電池特性は満充電してかなりの長い間使わずに保管しておいてもそれなりに使えるだけの性能を持っているので、充電済みの電池をこうしたケースにまとめておけば、いざという時に持ち出しやすくなります。普段は非常用持ち出し袋にライトやラジオと一緒に入れておけば、いざという時には専用バッテリーのように使い方が限定されない分、役立つ状況も多く出てくるでしょう。

« エアウィーヴ エアパッド016 | トップページ | 電池管理の楽しみ »

単3単4充電池活用法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大量の電池を持ち運ぶために:

« エアウィーヴ エアパッド016 | トップページ | 電池管理の楽しみ »

フォト

広告


2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ