« そもそもニッケル水素電池のみで車中泊可能なのか | トップページ | 大量の電池を持ち運ぶために »

2012年8月 6日 (月)

エアウィーヴ エアパッド016

 ここのところ、どこへも行かずにテレビでオリンピックばかり見ているのですが(^^;)、オリンピックなど大きなスポーツ関連のイベントで注目されるのは選手には違いありませんが、選手をサポートするさまざまなグッズにも注目が集まっています。今回紹介するお昼寝マットのエアウィーヴ エアパッド016は、現在注文受付を休止しているようですが、このマットと原理は同じながらベッド用の大きくて厚いマットは多くのアスリートへ提供されていて、今回のオリンピックでも腰への負担を嫌う選手は、ロンドンの選手村まで持ち込んで使っている方もいるとのことです。

Airpad01

 こちらのマットは厚さが2センチと、それだけで使ってもあまり効果がないのではと思いますが(板張りの床に直接敷いた場合効果を発揮できないことがあるという説明あり)、私はキャンプ用のマットとの併用で使っているので、それなりに快適に使えています。価格はそれなりに高価でしたが、普通のマットレスはさらに高価で、いちばん買いやすいということはあります。

 私は腰痛持ちではないので、劇的な効果について細かく語ることはできませんが、車中泊で使っていて翌朝の体は楽です。そして、普通に考えると横幅がなく寝返りが打ちにくいこの細長いサイズも、車の中に敷く場合はちょうど座席の横幅部分にうまくおさまるため、普通の車で座席の一列に寝床を作っているような方はキャンプ用のマットと併用することで便利に使えます。今これを書いている期間がちょうどロンドンオリンピックの真っ最中ということで、出場選手の取材の中で登場することの多い流れで紹介させていただきました。

 なお、このマットについてはこのブログを始める前に写真付きでレポートした記事があります。実はここで紹介している写真もその時に使った使い回しなので(^^;)、どんな風に車にセッティングするのかということに興味を持たれた方は、以下のリンクから当時のレポートをごらん下さい。

http://y-terada.com/Hobby/syachu/airpad16/airpad16.htm

« そもそもニッケル水素電池のみで車中泊可能なのか | トップページ | 大量の電池を持ち運ぶために »

車中泊グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアウィーヴ エアパッド016:

« そもそもニッケル水素電池のみで車中泊可能なのか | トップページ | 大量の電池を持ち運ぶために »

フォト

広告


2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ