« 4-4 持っていくと便利なパソコンの周辺機器 | トップページ | ウィルコムのスマートフォンを選ぶメリットは »

2012年7月 1日 (日)

「しゃべってコンシェル」をIIJmioの低速SIMで使う

 ここのところテレビのコマーシャルでかなり流れている、ドコモのスマートフォンに向かって喋るとスマートフォンが音声で答えてくれる「しゃべってコンシェル」というサービスがあります。これは、iPhoneを出していないドコモがiPhoneの「Siri」に対抗して出てきたものだと思いますが、意外と評判がよさそうなので、駄目もとで私の白ロム端末Galaxy s2にインストールしてみました。

Dsc00536

 今入っているSIMカードはドコモのSIMと同じIIJmioのものなのでちゃんと動くかどうか期待はしていたのですが、どうせだめだろうと思いつつアプリを動かしました。結論から言うと何事も問題なく動作します。Wi-Fiの方がきびきびと動くようですが、あえてWi-Fiではなく128kbpsが上限の3G接続で音声入力を行なってみたところ、何事も問題ないように動くではありませんか(^^)。

 音声認識について、やはりというかちゃんとしゃべらないと誤認識はありますが、わざわざゆっくりしゃべったり、はっきりと間をあけてしゃべらなくてもそこそこ正しく音声を認識し、何とか実用になる感じです。具体的でなく答が多すぎるような質問には答えてくれませんが(^^;)、そんな時には文字を入力しても検索が可能ですので、実用性は高いと思います。個人的に便利だと思ったのは、メールもしゃべった内容で送ることができるので(Gmailを選択して送ることもできるので、ドコモとメールの契約をしていないIIJmioのSIMでも十分実用になります)、旅行中のちょっとした時間内にしゃべるだけで簡単にショートメールを送ることができる手段として重宝しそうです。

 また、同時に公開されている自動的に日本語を他言語に翻訳し、メールを送信できる「メール翻訳コンシェル」というアプリについては、Wi-Fiでは起動すらできず、Wi-Fiを切ってIIJmioのSIMだけでつなごうとしてもつながりませんでした。開発元の方のインタビュー記事では、今後はWi-Fiにも対応する予定だそうなので、今後の展開を期待したいところです。

 ただ、どちらにしても音声認識での入力で100パーセントの入力精度ということはほぼ不可能かと思いますので、何回やってもうまく認識しないなんてことがあっても、イライラしないように余裕を持ちながら使うのがいいような気がします。使い込んでいくうちに、そうした不具合が起こらないような使い方を見付けていくようにすれば、旅先でスマートフォンに向かってしゃべる回数も増えていくような気もします。こういったアプリをしまく活用し、車内での調べ物をスマートにできるようになりたいですね。

« 4-4 持っていくと便利なパソコンの周辺機器 | トップページ | ウィルコムのスマートフォンを選ぶメリットは »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

すいませんが、IIJmioのsimカードでしゃべってコンシェルを使う場合、何か、設定は必要なのでしょうか?何度もトライしていますが、圏外表示が出てしまい、使えません。教えていただけますでしょうか?

現状で、私のスマートフォンにはDTIの490円SIMを入れて使っていますが、IIJmioと同じく特別な設定もせずに使えています。

コメントの中に「圏外表示」という言葉が出てきますが、この部分が気にかかります。IIJmioの通信カードを入れて通常のインターネット接続はできていれば、カードが認識されていることになりますのでしゃべってコンシェルは使えるようになるのではないかと思います。

SIMカードがきちんと挿入されているかを確認の上、設定の「モバイルネットワーク」から「APN」を選択し、IIJmioの接続設定が作られているかおよび、設定が選択されているかを確認して下さい(SPモードのようなドコモの標準設定では使えません)。

インターネットがスマートフォンで使えている場合でもWi-Fi接続が自動的に繋がっている場合がありますので、Wi-Fi接続を切って確かめてみる事をおすすめします。

ご返答ありがとうございます。IIJmioのAPN設定もきちんとやっていて、インターネット接続もできますが、「しゃべってコンシェル」を起動しますと「エラー。圏外のためご利用になれません」と表示がでて使えません。
何かお知恵ありましたら教えて頂けますでしょうか?

再度のご訪問ありがとうございます。内容について、こちらの方でも調べてみましたので、わかっている事を書きます。

まず、アプリの「しゃべってコンシェル」は使用期限があるアプリで、2012年9月からは新しいバージョンになっています。それまではドコモ契約以外のSIM(IIJmioなど)でも全ての機能が使えていたのですが、新しいバージョンではspモードの料金を払うドコモ契約以外のSIMでは周辺検索ができなくなりました。その際、メニューから「位置情報取得設定」のチェックを外すことで対応は可能かと思いますが、羊の出てくる画面まで行かないと設定変更もできません。

「圏外のためご利用になれません」という表示は私の使っているAndroid4.0にバージョンアップしたGalaxy s2の場合、機内モードにした時に出現します。確かにこれでは何もできませんよね。

アプリのバージョン2.1.Xの対応OSはAndroid2.2以上となっていますが、スマートフォンの機種によっては同じような圏外表示が出るというつぶやきもあるようです(N-04C?)。アンドロイドはiPhoneのように全ての機種で同じアプリが正常に動くかどうかはわからないところがあります。どうやっても動かない場合は知り合いからドコモ契約のSIMを借りるなどして挿入した上でWi-Fi接続での起動をを試し、それでも同じ結果の場合はドコモに直接機種名とOSのバージョンを伝えてそもそもご自分の機種で使えるのかの確認を取るしかないでしょう。

ありがとうございます。
バージョン確認ほか、トライさせて頂きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/55090130

この記事へのトラックバック一覧です: 「しゃべってコンシェル」をIIJmioの低速SIMで使う:

« 4-4 持っていくと便利なパソコンの周辺機器 | トップページ | ウィルコムのスマートフォンを選ぶメリットは »

フォト

広告


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ