« エコカー補助金は自動車ユーザーの福音なのか? | トップページ | 2-4 白ロムで端末を買う意味 »

2012年4月19日 (木)

モンベル レインダンサージャケット

Dsc00270

 旅行のための荷物というのはこのブログで紹介しているようなものについては、すでにほとんど積み込んではあるものの、当日の荷物の用意の中ではやはり着るものをどうコンパクトにまとめるかというのが結構難しいですね。大きくて積載スペースが十分ある車で出掛けられる場合は現地で着るかどうかわからないものでもまとめて持って行っても大丈夫でしょうが、私の場合はすでにぎりぎりの収納スペースしかない軽自動車ということもあり、下着などは別にしても外に羽織るようなものはできるだけ小さくまとまり、複数の用途に使えるものを持って行ったほうがいいなと考えています。

 そういう意味では、小さな収納袋に押し込むようにして簡単に収納可能なユニクロのULダウンジャケットなどは冬だけでなく春先の肌寒さを感じるような場合に羽織るのに便利で、ゴールデンウィークにも持って行こうかと思っています。

 ただ、ダウンジャケットは雨に弱いということもあり、風と雨を通さないウィンドブレーカーとセットで用意しておけば一応全天候に対応できそうかなということで、撥水性があるという触れ込みの、ユニクロのライトポケッタブルパーカでも安く買えるなら追加購入しようかと思ったのですが、ここでちょっと考えてみました。

 車での移動ということではそれほど本格的な雨具の用意は必要ないかも知れませんが、それでも傘が使えないような暴風雨の中、災害やトラブルなどで車での移動ができなければ合羽の用意は当然必要になってきます。それならば本格的な山登りにも対応する雨具を買ってしまおうということでいろいろ調べた結果見付けたのがモンベルのレインダンサージャケットです。

 登山用のジャケットというのは、風を防ぎ水が中に入らないのは当然として、ジャケットの中が蒸れないような構造になっています。全身が濡れたままでいるとすぐに体温が奪われ、極寒の季節でなくても生命の危険があります。外からの雨で濡れなくても、汗をかいて乾かなければ同じように体が冷えてしまいます。たとえそれが夏山の登山であっても、簡易的な雨具しかなかったために起きた北海道大雪山での事故もありました。そうした状況にならないためにも登山の際には高性能なレインウェアが必須となるのです。蒸れを防ぐ素材はたくさんありますが、安定した性能を発揮するのはやはり素材にゴアテックスを使っているものがいいのですが、価格が高いのが難点です。

 今回レインジャケットを購入するにあたり、ゴアテックスでないもので安いものはあったのですが、ゴアテックスでも価格が安いモンベルのレインダンサージャケットが目に付き、少々迷いましたが購入しました。他のメーカーのものはディスカウントされて売り出させることがあるため、モンベルのこのジャケットの定価である13,900円より安く売られている場合もあるかも知れませんが、定価レベルで比べるとやはりモンベルのものは安く手に入ります。デザインが野暮だとかいろいろ言われるかも知れませんが(^^;)、付属の収納袋に小さくたたんでしまえるので気軽に持ち運べ、雨具としてだけでなく風除けや防寒用のジャケットとしてや就寝時の夜着としてももしもの場合は使えると思います。

 ちなみに、ゴアテックスの扱い方でやってはいけないことは畳んだままバッグに詰め込んでおくことや車の中に放置しないことだそうで(^^;)、普段はきちんとハンガーに掛けて室内で保管し、旅に出る時だけ畳んで持ち運びするようにしてできるだけ長く使い続けたいと思います。今のところ用意したのはジャケットのみですが、また折を見てゴアテックスのズボンの方も探してみようと思います。ちなみに、私の個人的な事情でバイクに乗るような際にも使おうと思っているので、上下のうち下のサイズが大きいものでないとゆったりはくことができないので、上下セットで売っているものは今回あえて選択しませんでした。上下セットのもので安いもの(非ゴアテックス)では、モンベルのハイドロブリーズ レインウエアや、ミズノのベルグテックEX・ストームセイバーIVレインスーツなどがあります。自転車用の雨合羽と比べると値段は張るものの、こうしたものを大事に使うことでいざという時の役に立つと思います。災害時に逃げる際には、両手が自由になるリュックサックにかけるレインカバーとともにそろえておけば、過酷な避難を強いられたとしても荷物を濡らしたり体を冷やすことなく長い距離を移動することができるでしょう。できれば、登山用品店やスポーツ用品店へ行って実際に体に合わせてみてから購入されることも合わせてお勧めしておきます。

« エコカー補助金は自動車ユーザーの福音なのか? | トップページ | 2-4 白ロムで端末を買う意味 »

防災用品・防災コラム」カテゴリの記事

コメント

大雪山遭難事件の際生きのこった方が着用されていたことで有名になった 青モンベルのレインダンサーですか?

 コメントにぶら下げる形で恐縮ですが、「大雪山での事故」というのは、2009年7月に起こった大雪山系トムラウシ山での遭難事故の事です。上記の文章を書いてから改めてこの遭難事件についての論評に目を通しましたが、コメントいただいた方が指摘されたモンベルの雨具を着たままインタビューを受けていた生存者の方の印象が強烈で、いつかはちゃんとした登山用の雨具を買っておかないとと思っておりました。実際は雨具だけでなく厚手のセーターとかフリースをレインウェアの中に着ていたことで低体温症にならなかったとの話もあります。そうした事実を確認してみて改めて思うのですが、まだまだ私の準備は不足しているため(一応スウェットの上下は寝巻き用として車内に常備していますが)、差し当たってはレインスーツの下とレインシューズは近いうちに用意しておかないとまずいですね。

こちらのブログ良心的な内容ゆえ定期的に拝見しています。
やはりあの事件は装備・判断力・経験・基礎体力の重要性を考える機会となりましたね。

モバイル機器の記事も楽しみです。

重ねてのコメントありがとうございます。

私自身は山歩きと言ってもハイキング程度なので、本格的な山登りはほとんど経験がありません。ただ車での旅というのも行くか戻るかというのは自分の判断になるので、その判断によって最悪の状況になってしまう事も考えられますので、いざという時にはどうするのかというのは考える事が多いです。

もうすぐゴールデンウィークになりますが、日程をぎちぎちに詰めて計画を立てるとどうしても無理をしがちで事故や思わぬトラブルに巻き込まれる原因になると思いますので、過去の事故から学んで何を優先するかということを考えながら出掛けていただきたいなと思いますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/54506037

この記事へのトラックバック一覧です: モンベル レインダンサージャケット:

« エコカー補助金は自動車ユーザーの福音なのか? | トップページ | 2-4 白ロムで端末を買う意味 »

フォト

広告


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ