« 惜しまれつつも消えるサンバー | トップページ | IIJmio 高速モバイル/D ミニマムスタート128プラン の実力のほどは »

2012年3月 1日 (木)

1-7 モバイルWiMAXと次世代携帯電話通信

 旅先でのネット環境を考える際、一番安上がりになるのは無料の公衆無線LANアクセスポイントを利用することだと思います。将来的にはイトーヨーカ堂やセブンイレブンで使えるようになるであろうネットワークが本命ですが、車中泊の旅の中では一番ゆっくりできる就寝時に使える場所へ行けるとは限らないので、自宅のネット環境と近いモバイル通信サービスを選ぶ必要に迫られる方もおられるでしょう。

 今の日本ではさまざまなモバイル通信のサービスが展開されています。その中で高速の通信ということになると、携帯電話会社が提供するデータ通信および、次世代のデータ通信としてドコモやソフトバンクが提供しているもの、そしてauと同じKDDIグループのUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWiMAXがあります。

 次世代のデータ通信のうち、ドコモのクロッシィは従来の携帯電話用のSIMカードと同じ形で提供され、エリア外の場合は自動的に従来網であるFOMA通信に切り替わるようになっており旅先の通信方式としてはこれが一番よさそうに思えます。

 現状ではクロッシィを使ったサービスはデータ通信の制限がなく、テザリングを使って他の機器からインターネットに接続することが可能ですが、将来的には月の通信料が7GBを越えたらスピードが128kbpsに制限されることがすでにアナウンスされています。となると、たとえば連日寝ながらラジコなどでラジオを流し続け、朝まで消し忘れてそのままなんていう事が続くだけでも通信量はかさんでしまい、制限される可能性もなくはありません。また、ドコモが推進するビデオマーケットや、鳴り物入りで4月からサービスが始まるnottvなど、まるでマッチポンプのようにデータ通信量を増やすように仕組まれているようで、何も考えずに便利だからと使っていたら早々に制限を食らう状況がすでに見えつつあります。こういう事を理解の上、自宅では有線のインターネット接続サービスを使い、外での通信はそれほど多くしないならドコモのプランで制限内に使うのがいいかも知れませんが、そうではなく外でも制限を考えずに使いたいとか、自宅通信のバックアップ用途としても使いたいような場合は制限付プランというのは少々気がかりな点も出てくるでしょう。

 その点では、今のところUQコミュニケーションズの社長が通信量の規制をしないと名言しています。もっとも、ユーザーの動向によっては前言を翻す可能性はなくはないですが、そうなったら別の契約を考えればいいだけで、現状でエリアならば夜通し動画を見続けたとしてもスピードも制限されませんし、外出先でOSのアップデートも安心して行なえます。私の場合は以上のように考えた上で、外出先のメインの通信手段をモバイルWiMAXにしています。

 私が今使っているモデム、NECのAterm WM3600Rは連続通信時間も伸び、休止状態からの復帰も10数秒でできるので、あえて常時接続状態を作らなくても必要に応じて端末側の無線LANスイッチを入れればそれほどストレスを感じません。また、クレードルを併用すれば自宅でのネット環境の代わりや、自宅や外出先のホテルなどでも無線LANアクセスポイントとして使えるので、荷物の軽減にも役立ちます。

 契約の方も1年継続の契約を選択すれば、格安での運用が可能になります。2年継続の場合はさらに安くなる場合もありますが、将来的にさらなる高性能をうたうWiMAX2の存在が周知されている今、長期の契約をするとそうした新しいサービスをすぐには利用できなくなるのである程度無難な選択をしているといったところです。今後、スピードと通信制限、エリアのバランスが取れた新サービスが出てきたら乗り換えも検討するとは思いますが、日常のエリアがWiMAXのエリアに含まれている場合は、同じ通信料を払うならば制限のないサービスを選ばれるのがいいのではないかと思います。ただ、旅先の山の中でバリバリ使いたいと思われている場合は、そうしたエリアについてはWiMAXは弱いので、制限はあっても従来の携帯電話のエリアで高速通信サービスが使える方が向いていると言えるでしょう。車を使っての旅はサービスのエリアまで移動はたやすいですが、モバイル通信のエリアを考えながら旅先を決めるというのも野暮な話ですし(^^;)、試してみて高速通信エリアでなかったら、その時に補完的に携帯電話のネット接続を使うような使い分けが大事でしょう。

« 惜しまれつつも消えるサンバー | トップページ | IIJmio 高速モバイル/D ミニマムスタート128プラン の実力のほどは »

私の携行品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/54111370

この記事へのトラックバック一覧です: 1-7 モバイルWiMAXと次世代携帯電話通信:

» UQ WiMAXでも通信制限が行われてるのか? [@1982k]
UQ WiMAXのサービスを提供しているUQコミュニケーションズ株式会社から 「UQ通信サービス重要事項説明書」という書類が送付されてきました。 普段は規約など文字数が多いものは一切読まないのですが数ページだったので ざっと目を通してみました。 その中にこんな一文が…... [続きを読む]

« 惜しまれつつも消えるサンバー | トップページ | IIJmio 高速モバイル/D ミニマムスタート128プラン の実力のほどは »

フォト

広告


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ