« LAWSON Wi-Fiをスマートフォンで使うために | トップページ | 任天堂 バトル&ゲット ポケモンタイピングDS キーボード付 »

2012年3月29日 (木)

SONY アクティブスピーカーシステム SRS-T33

 携帯電話やスマートフォンなどで音楽を聴いている方の中には、外付けのスピーカーを使って大きな音で聞きたいという欲求がある方も多いでしょう。そんなニーズに応えるためか、世の中にはさまざまなアクティブスピーカーシステムがあふれています。

 私の場合は今までとりたてて必要とする場面はありませんでした。ラジオはスピーカー付きのものがありますし、音楽プレーヤーとして使っているICレコーダーには小さいとは言えスピーカーが付いていて、夜音楽を聴く分にはそれで十分だったということもありましたし。

 しかし、新たにネット端末のLifetouch Noteを購入し、外での動画を見るために使おうかなと思ったら思わぬ仕様にアクティブスピーカーの必要性を感じたのでした。Lifetouch Noteはノートパソコンのように画面を開いた状態で使うのですが、スピーカーが何とキーボードの裏、つまり本体の底の部分にあるので(^^;)、普通に置いてしまうと音がどうしてもこもってしまいます。こもらないでそれなりの大きな音で動画を見るには100円ショップで売っているようなものでも外付けのスピーカーがあれば便利かなと思っていたのです。

 ただ、100円ショップにあるようなスピーカーはステレオスピーカーの場合、イヤホンが大きくなったものという感じになり、別に延長コードが必要な感じのスピーカーから直接ジャックが付いているような形状になっているものが多いです。どうせならコンパクトなものでコードが本体に付いていて、アンプも付いていてステレオで、いくらかは大きな音で聴けるものがいいと少々購入のハードルを上げながら探していてようやく見付けたのがソニーのSRS-T33でした。

0001

 接続のジャックは普通のミニジャックで、本体自体にボリュームなどは付いていませんが、単四電池2本でアンプを作動されると大きな音になります。電池がなかったり電源スイッチを入れない場合でも入力先の機器だけの出力で聴けないことはないのですが、車の中で使おうと写真のようにICレコーダーで試したところ、アンプを作動させなければ本体スピーカーよりも小さい音しか出ませんでした(^^;)。写真の状態で走行中に音楽を聞くのは厳しいくらいの音の大きさです。ただ出力がイヤホンしかない機器では就寝時に枕元で使うくらいの用途はあるかも知れませんが、やはり電池を入れて使いたいものです。単四2本という電池は手持ちのバイオレッタソーラーギアなどで簡単に充電できます。いざという時にはカーステレオの代わりに使えない程でもありません。

 ちなみに、いろいろと物色している中で気になった製品も紹介しておきましょう。同じソニーで出ている2.1ch1BOXスピーカーSRS-TD60も、その大きさを別にすればスピーカー二つが一体化されていて扱いやすく評判もいいものでしたが、電池の構成が単三3本ということで、以前紹介したLEDランタンと同じで太陽光発電パネルでの充電においてちょっとめんどくさいのでパスしました。また、単三2本で動き、ラジオにスピーカーが付くような形でアクティブスピーカーとしての用途と他に、ICレコーダーと繋げばラジオの録音ができるというソニーのラジオSRF-18も検討したのですが、改めてラジオを増やしたくなかったのと(^^;)、今持っているバッグには入らないくらいの大きさでもあり、ケーブルも別に用意するのもさらにかさばるということもありこれもパスしました(^^)。そういった経緯の中、自宅の電話の受話器ぐらいのサイズで、そのまま普段使いのバッグに入っても膨れないということが決め手となってSRS-T33を購入ということになりました。すでにメーカーでは流通在庫のみの販売らしく、価格は2千円弱の処分価格という扱いでした。

 肝心の音の方は、やはり本体のサイズ相応といったところで、ちゃんとした音を楽しみたい場合はもう少しお金をかけてちゃんとした大きさのものを購入した方がいいでしょう。考えるまでもなく、こうしたスピーカーというのはどのようなシチュエーションで使うのかによって求める性能も変わってくるでしょうし、人によってはこんなちゃちなスピーカーでは全く役に立たないということもあるでしょう。私の場合はそのままではこもってしまう音をとりあえずちゃんと出せれば大丈夫だったので、もっと安くて扱いやすいものがあったら別のものでも良かったのですが、まあこれはこれで色々な使い方も出てくるかも知れませんね。

0002

 今回、写真による大きさ比較という面もあって、スマートフォンとしてはかなり小さめの日本通信のIDEOSとつなげてみました。IDEOSにプリインストールされているアプリ「FMラジオ」がどのくらい使えるのかなとふと思ったからです。このFMラジオは87-110MHzの範囲しか聞こえず、日本国内の周波数に微妙に対応していないので、全ての方が使えるわけではないのですが、たまたま静岡市内をエリアにしているNHKFMは88.8MHzということでIDEOSで受信できるのはラッキーでした。聴けるのはこの一局だけということはありますが、かなり大きな音で聞こえるので、いざという時には役に立つかも知れません。

« LAWSON Wi-Fiをスマートフォンで使うために | トップページ | 任天堂 バトル&ゲット ポケモンタイピングDS キーボード付 »

車中泊グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SONY アクティブスピーカーシステム SRS-T33:

« LAWSON Wi-Fiをスマートフォンで使うために | トップページ | 任天堂 バトル&ゲット ポケモンタイピングDS キーボード付 »

フォト

広告


2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ