« NEC Aterm WM3600R | トップページ | エステー エアカウンターS 到着レポート »

2012年2月 9日 (木)

CASIO G'zOne TYPE-X

 防災用品と一口に言っても、備蓄することにより効果を発揮するものや、常に手元に置いておきたいものなどさまざまな範囲があります。これからどのような災害に各々が襲われるかはまったくわからないということもありますので、ここでこうして紹介しているようなものも全く無駄な準備に終わる可能性さえあります。

 そんな中、私たちが活動している中、常に手元にあるものはと考えると、個人的にはスマートフォンよりも携帯電話ということになります。いざという時に持っていて頼りになる携帯電話ということで考えてみると、以下のような条件を多く満たすことでさらなる安心に繋がります。

・電池容量が大きいもの
・簡単に充電できるもの(アダプタが必要になる独自規格の端子は×)
・ワンセグ対応
・おサイフケータイ対応
・防水機能
・防塵機能
・耐衝撃性能

 特に最後の3つの条件というのは、大雨に降られたり、海や川に落ちたりして泥だらけになっても電話としての機能を利用できるかどうかの分かれ道で、あればそれに越したことはありません。現在は防水機能を搭載した携帯電話やスマートフォンが多くありますが、落下して本体にひずみができた場合、その隙間から水は簡単に侵入して電話としては使えなくなってしまう危険性をはらんでいます。ここまでの性能を有する携帯電話はかなりごついものになってしまいますが、非常時にはそんな事など言っていられなくなるわけで、心配な方はタフな携帯電話の導入を模索するべきではないかと思います。

Gzonex

 今回、具体的なリンクは貼りませんが、auのオンラインショップですでに店頭から消えて久しいタフネス携帯「CASIO G'zOne TYPE-X」が新規・乗り換え・機種変更のどれでも2012年2月8日現在、購入できるようになっています。恐らく旧機種を使っているauのユーザー対策だろうと思いますが(古い携帯電話の場合、今の携帯電話に変えないと使えなくなるため)、この端末は防水・防塵・耐衝撃性において日本ではこれ以上の携帯電話はないと言えるほど頑丈です。機能的にもほぼすべて入りといってもよく、上で挙げさせていただいた条件を全てカバーする他、カメラの性能も上がっていますしWi-Fi WINも使えるようになっているので、とりあえず昨日オンラインショップから機種変更の手続きをしてみました。こちらの契約状況などの確認をされると思うのでまだ確実に手に入るということではないのですが、手に入ったら予備電池のストックがなくなるまで使い倒そうと思っています。

 今後の携帯電話各社の端末の作り方や売り方はどうなるかわかりませんが、高性能を欲すればスマートフォン、通話のみのシンプルさを求めるなら従来の携帯電話というような住み分けがされてしまった場合、もうこのような携帯電話は発売される余地がなくなってしまうので、できれば災害用として生産は続けてほしいと切に思うところです。そうは言っても単なるユーザーの要望などはなかなか叶わないものですので、水没や落下などで携帯電話が使えなくなって大変な思いをした方や、災害用の携帯電話や悪天候の下で使えるカメラとして用意しておきたい方は、あると安心できるでしょう。オンラインショップはauのホームページからリンクがないようですが、興味のある方は頑張って購入先を探してみてください(^^)。

« NEC Aterm WM3600R | トップページ | エステー エアカウンターS 到着レポート »

防災用品・防災コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/53936966

この記事へのトラックバック一覧です: CASIO G'zOne TYPE-X:

« NEC Aterm WM3600R | トップページ | エステー エアカウンターS 到着レポート »

フォト

広告


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ