« 自己責任について考える | トップページ | イワタニ カセットガスストーブ CB-STV-1 を試してみました »

2011年10月 6日 (木)

全ての人がスマートフォンと相性がいいわけではない

 昨日はいよいよソフトバンクとauから同時にiPhone4Sが新たに販売されるというニュースがありましたが、テレビ朝日系の「報道ステーション」がトップでこの話題を放送しているのにちょっと違和感を覚えました。はっきり言ってこれはApple社と携帯電話会社の宣伝に限りなく近いものでありますし、70代だという人たちがパソコン教室にあるスマートフォンの講座で操作方法を習っている風景が流れていることにも情報操作的なものを感じてしまった次第です。

 スマートフォンは確かに便利ではありますが、ウィルス侵入の危険性がありますし、通信料も電話とメールしか使っていない人と比べると、毎月の支払いがかなり高くなります。昨日の報道ステーションを見て、新たにiPhoneを持ってみようかと何の予備知識もないまま思ってしまった人が周りにいましたら、果たして2年間の支払い総額がどれくらいになるのか、また現在支払っている携帯電話の支払額の差が毎月どのくらいになるのかをお店で計算してもらうことをお勧めします。番組内ではパソコン教室の講義の中で、スマートフォンでカメラを使う操作をしていることを紹介し、操作がタッチパネルでできるので、デジカメより簡単だと年配の女性がテレビカメラに向かっておっしゃっていました。

 しかし冷静に考えてみると、スマートフォンのような小さな画面でインターネットを見たり、カメラを含む多くの機能の設定をやるという事になると、下手をしたら新聞より小さな字を判別しなければなりません。年配の方の中にはつらいと思われる方もいらっしゃるでしょう。それならば携帯電話はそのままにして、無線LAN経由でインターネットにつなぐことができるタブレット式の端末にすれば、パソコンと同じように家電量販店で品物だけ購入することができます。値段も型落ち品ならかなりディスカウントされますし、万が一使いこなせないことがわかったとしても、損害はタブレット端末だけで済みます。アンドロイド陣営もApple陣営もタブレットの扱いはスマートフォンとほぼ同じですから、もう少し小さく、無料で使える公衆無線LANスポットが少ないため、いつでもインターネットにつながる状況で使いたいと思ったら、改めて今の携帯電話をスマートフォンに機種変更する事を考えればいいのです。携帯電話会社がスマートフォンを売りたがるのは、本体の価格が高いということもありますが、今まで通話しか料金を使っていなかったような人にも高額なデータ通信料を請求でき、身入りが増えるためででしょう。またテレビ局がこれだけスマートフォン人気を煽るのは、携帯電話会社がスポンサーである事と無関係ではないでしょう。今後もスマートフォン導入を煽るような報道がさまざまなところでされると思いますが、マスコミの方々にはいくら経済のためとは言っても、使いこなせないことがはっきりとわかる方にまで勧めるような形での報道はぜひとも止めていただきたいと思うのですが。

« 自己責任について考える | トップページ | イワタニ カセットガスストーブ CB-STV-1 を試してみました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まさにその通り。
スマートフォンを利用している人の大半は
スマートフォンにした理由を聞くと
有意な回答が出来ない。

T さん コメントありがとうございました。

今や多くの家庭内の経済は瀕死の状態である事は間違いないわけで、そんな中なぜ多くの人が何の疑問も持たずに高いデータ通信料を払い続けるのかわかりかねるところです。恐らく携帯電話ショップで料金についての説明を受け、そんなものかと思いながら支払っている方が多いと思うのですが、テレビや新聞から情報を得るだけでは、決して最良の選択をすることはできないでしょう。

テレビと言えば、今は無料ゲームという触れ込みでテレビコマーシャルを流す企業が伸びているそうですが、私はスマートフォンは使っても決してそうした有料コンテンツにお金をかけようとは思いません。インターネットの世界には相互扶助という考えから惜しげもなく情報や便利なツールを提供してくれている方がいますので、そうした方に感謝しながら、私も多少でも読んでいただける方のお役に立てるような情報を提供していきたいと思っています。

あえて違う考えを書いてみると、
スマートフォンを皆が使っているから、でしょうね。
乗り遅れるという意識もでしょうが、それよりも何かが手に入るかもしれない、
そう言った意識があるのだと思います。
それを有意でないと切り捨てるのもどうかな、と。
必要かどうか良く判らないけど、パソコン買った、デジカメ買った、車を買った、旅行に出てみた…
人間ってそんなもんですよ。

それまで携帯電話のパケット定額を付けてメールやウェブを楽しんでいた人については、スマートフォンに移行してもほとんど金銭的な影響はないでしょう。ただ、通話中心で毎月の料金をそれほど払っていなかった人が、みんなが使っているからという理由だけでスマートフォンに機種変更した場合は、おそらくかなりの場合で毎月の支払が跳ね上がりますから、別の買い物や旅行などを自粛せざるをえない状況になることを個人的には危惧しています。

私自身は今さらスマートフォンに携帯電話会社のパケット定額プランを付けて使おうとは思っていないので、スマートフォンは使ってみたいけどお金は払いたくないという多少無茶な要求にも答えられるような情報をこのページでは紹介しているつもりです。今後もさまざまなサービスの拡充によってもっと安価にスマートフォンを使えるようになってくるかも知れません。そうなればさらにスマートフォン導入についてのハードルが下がるわけで、もっと気楽にいろんな端末を試せるようになることを期待しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/52919715

この記事へのトラックバック一覧です: 全ての人がスマートフォンと相性がいいわけではない:

« 自己責任について考える | トップページ | イワタニ カセットガスストーブ CB-STV-1 を試してみました »

フォト

広告


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ