« 旅先に持っていく本 | トップページ | とりあえず大丈夫でした »

2011年8月 1日 (月)

車内で音楽のためにパソコンとCD-Rを活用しよう

 以前のエントリーでも紹介しまいましたが、今、私のワゴンRで音楽を聴くために特別なオーディオを導入しているということは全くありません。スピーカーに凝ってもしょせん車というのは大がかりなノイズ発生装置であるので、簡易再生ができれば十分だと考えているからです。それでも今の代のワゴンRになって、純正のCDプレーヤーで聴くことのできるファイル形式が増え、MP3などの圧縮された音楽データの再生も可能になったためかなり便利になりましたが、普通のCDしか再生できないようなカーオーディオでも工夫すれば十分音楽を楽しめるでしょう。

 というか、これは多くの方がやっていることでしょうが、手持ちのCDやレンタルしてきたものををコピーしたものを車内に持ち込むようにしています。コピーと言っても著作権法上問題があるものでは全くありません。結構なお金を出して買って、車の中でラフに扱って再生できないほどのダメージをディスクが受けるというのは勘弁して欲しいので、オリジナルは自宅で保管しながらちゃんとしたオーディオで聴き、車内で聴く用にCD-Rを買ってきてパソコンでコピーを作るのです。

 音楽はCDショップで買わず、ネット配信されたものを購入している方もいるかと思いますが、その場合でも、CD-ROMドライブが付いているパソコンなら例外はあるものの、付属ソフトを使ったりして割と簡単に車のCDプレーヤーで再生できるCDを作ることができます。音楽プレーヤーにパソコンからダウンロードしたファイルを転送し、詰め込んでいる方々はあえてそういう事はしないで直接カーオーディオとつないだり、トランスミッターで飛ばしてFMラジオで聴くという方が簡単ではありますが、個人的にはそういったものを音楽CDの形でもバックアップすることをおすすめします。わざわざCD-Rに焼くのは、パソコンを新しいものに変えた場合、一枚ずつデータを読ませる手間はかかりますが、応用範囲が広いのと、単純にデータ分散のためでもあります。

 特にWMA形式での音楽配信サイトからダウンロードした曲というのは、ファイルをそのままコピーする形でのバックアップをしても、そのまま再生ができなくなってしまう場合もあるので、音楽CDの形にバックアップしておいた方がその後の利用を考えると有利です。そうしてマスターの音源を作っておけば、それを複製してコピーを車で使ってもいいでしょうし、手間はかかりますが別の音楽プレーヤーに移して使えたりもします。ただし、音楽配信サイトによっては配信元の意向で音楽CD作成を制限されているところもあったり、コピーによる音質の劣化もある場合があります。そういう事を考えると、CDを購入したりレンタルCDを利用して自分のライブラリをパソコンのハードディスク内およびCD-R上に確保しておく方が私的には簡単で合っているようです。

 CDが売れなくなっているというのは今に始まったことではありませんが、売り手の都合によりどうにでも楽曲の利用を制限されてしまうという現状がある限りは、単純にパソコンでファイルを取り込める方が余計なことを考えなくてもいいので、私は当面は音楽配信は利用しないと思います。車での旅行の際の気分転換に音楽は欠かせないと思われている方は、積極的にラフに扱えるCD-Rをたくさん作って旅のお伴にしてはいかがでしょうか。

« 旅先に持っていく本 | トップページ | とりあえず大丈夫でした »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

iTSから購入した曲とiPhone/iPodの関係を誤解されていませんか? また購入した音楽のバックアップを作る事と、CDを作成することも別です。
一言で言うと、iPodなどのシリコンオーディオは、PCから持ち出すための入れ物に過ぎません。実体ではないのです。

お名前がないので何と呼びかけさせてよろしいのかわかりませんが、ご指摘ありがとうございました。さまざまな音楽配信サービスによってバックアップの方法が違い、全ての音楽配信サイトでバックアップができないように書いてしまいましたが、これは誤りでした。多少手直しの上、改めてアップさせていただきました。お手数をおかけして申し訳ありません。

浜岡原子力発電所は、活断層の上にあるとか、早く燃料棒を
六ヶ所村に移す処置をした方がいいですね、福島第一原発の
ダメージを受けた燃料棒は、六ヶ所では、引き取らないそうな
ので、原発発電所は、永遠にあの場所で保管するしかないで
すね。今まで、東電の恩恵を受けていた地元民に納得してもら
うしかないと思います。
無責任な発言ですが、他の自治体は、まず、引き受けないで
しょう。

原子力発電所で出る廃棄物の処理については、あの六ヶ所村の施設もあくまで暫定的なもので、いわゆる最終処分場はさすがに今の状況では決められないでしょう。海外に引き受けてもらうという話もあったようですが、自国のゴミを自分で処理できないというのもちょっと情けないというか。

星新一さんのショート・ショートで「おーい でてこーい」という有名な作品がありますが、作品が書かれたのが1958年ということで改めてびっくりします。星さん自身は原子力発電所へ見学へ行ってその未来に期待していたふしもありますが、それも根本的な核廃棄物の処理問題を解決していることが前提だったことでしょう。いつまであるかわかりませんが、youtubeのリンクを貼っておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=hgWOHzp_T-E

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/52360069

この記事へのトラックバック一覧です: 車内で音楽のためにパソコンとCD-Rを活用しよう:

« 旅先に持っていく本 | トップページ | とりあえず大丈夫でした »

フォト

広告


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ