« 主に熱量から見た非常食(5年保存のお菓子)のベストチョイスは | トップページ | ラジオの良さについて考える »

2011年8月25日 (木)

イオン専用 b-mobile SIM 100kbps プランA ファーストインプレッション

 現在、b-mobile SIMのU300のプランを年内いっぱい契約しているのですが、近くのイオンモールで月980円の低速プランを扱い始めたと聞き、在庫があれば買ってこようかと出掛けてきました。

 店内の掲示でちゃんと売っていることを確認し、お店の方に聞いたところ、Aプランでの契約可能とのことで一気に契約へと決めてしまいました。登録料として3,150円かかりますが、この支払いについてもクレジットカードでの決済が必要になるとのこと。というのも、毎月の通信料金の支払い方法はクレジットカード決済しかなく、登録料がちゃんとクレジット決済できるかどうかを確認するためなのだそうです。解約は違約金なくできますが、月割りでの計算になるので解約をする場合は月初にしても月末にしても変わらないので、月末に解約した方が良いでしょう。その際、利用しているSIMカードは返却してくださいと店頭で言われました。私がイー・モバイルを解約した際には、SIMカードにハサミを入れて返送しましたが、日本通信の方でそこまでやるのかということはわからないものの、契約時に言われた事ですので、今後契約しようと思われている方はその点についても了承しておくことが必要だと思います。

 契約のためにはクレジットカードの他に運転免許証などの本人確認書類および、連絡用のメールアドレスを申込書に記入する必要があります。一通り説明を受けましたが、プランAの低速プランでは、動画は見られないことを念を押されました。検索とメールは普通にできるものの、マップ表示については表示に時間がかかったり、位置がずれたりしてうまく表示されない場合があるとも言われています。さらに、問い合わせに関してはショップでは答えられないので、日本通信のヘルプデスクの電話番号・メールアドレスの書かれた紙を渡されました。極力日本通信に丸投げすることでこの低価格を実現していると思われるのでこれは仕方ないでしょう。一通り手続きを済ませた後、開通作業にだいたい20分程度時間が必要だと言われ、店内をぶらぶらしながら待ち、渡されたのが下の写真のパッケージです。

Dscf1192

 とりあえずSIMをGalaxy Tabおよびideosに差して使ってみましたが、接続の設定はU300と同じなので(ユーザー名だとアットマークの次の文字列はaeonとなっています)、挿入してそのままの設定で使っても大丈夫でした。パソコンでの利用は大変かも知れませんが、スマートフォンでGoogleマップを見る場合、私の場合ではありますが何とか許容範囲の遅さだと感じました(^^;)。というのも、普段使っているのが最大300kbpsの日本通信のカードですので、多少地図表示に時間がかかっても表示するまで待つことは苦ではありません。そんなわけで、普段携帯電話3Gの高速通信に慣れているような方ではストレスがたまる速度かも知れませんが、感じ方には個人差があると思います。また、マップの発展系としてideosでグーグルのナビを起動し、自動車で使用してみましたが、表示が追いつかなくなることなく普通に使えました。パソコン上でのネット閲覧も多少待たされるもののきちんと表示されます。都市部では時間によって極端な速度低下も報告されていますので、私のレポートが全てではないと思いますが、参考までに書かせていただきました。

Dscf1199

 さらに参考のための基本データとして、アンドロイドの速度計測アプリで測った上下の速度について紹介しておきますと、U300でGalaxy Tabの場合、下り298kbps 上り372kbpsとかなり優秀な結果になりましたが、ideosでは写真の通り上り81kbps、下り10kbpsと特に上りの速度がひどいことになっています。念のため、SIMカードをGalaxy Tabに入れ替えて測定しましたが、速度はほぼ変わりませんでした。ある程度環境がいいところでもイオンの100kbps・Aタイプではこの程度のスピードだと考えた方がいいようです。

 しかし考え方として、月980円で料金を気にせず全国のFOMAエリアで使えるのですから、多少の遅さについては我慢すべきでしょう。この程度のスピードでもナビが実用になるわけですし。ただ、動画やskypeなどは当然無理なので、もし高速ネットが使いたければ、Wimaxモデムとの併用をおすすめします。b-mobileの速度が落ちる可能性があるのは利用者が集中している都市部が多いだろうと思いますが、多くのユーザーが固まっているところというのはWimaxのエリアであるところが多いだろうと思われます。逆にWimaxがつながらない場所ではそれほどb-mobileを使ってモバイルインターネットを運用している人は多くないだろうと甘い期待を持っているのですが、これは実際に旅に出掛けてみてどうかというところを検証してみる必要があるでしょう。

 しばらくは300kbpsのU300の方をGalaxy Tabで使い、今回入手したイオンの方はideosで使ってみようと思っています。使っていく中で不満点など出てくるようでしたら改めてここで紹介させていただきたいと思っています。

« 主に熱量から見た非常食(5年保存のお菓子)のベストチョイスは | トップページ | ラジオの良さについて考える »

車中泊とモバイル機器・ノウハウ集」カテゴリの記事

コメント

疲れて帰ってきてよんでますけど。メーカーの宣伝なのか
何だか長い文章なんで、もっと短くまとめて頂くと助かります。

今回紹介したエントリーについては、以前に概略を紹介しています。

http://syachu.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/b-mobile-sim-10.html

ただ、詳しくない方にとってはこれは何なのかわからない方もおられるかも知れません。簡単に概略を説明しますと、これはNTTドコモの携帯電話には必ず差さっている通信カードのみを販売しているものです。このカードは普通の携帯電話に差しても通話には使えないデータ通信専用のもので、さらに通信スピードも落として格安で使えるように提供されたものです。ドコモのスマートフォンに入っている通信カードを入れ替えて使えば、毎月の通信費が最大六分の一にまで安くなるということで、一部の人々にとってはかなり興味を持って迎えられています。

ビギナーの方がショップの店員の方にすすめられるままスマートフォンに機種変更し、毎月の支払いが負担になっている方にも便利なものです。契約したプランを基本料以外すべて解除し、スマートフォンにこのカードを差すことで、メールやインターネットはそのまま使えます(ドコモのアドレスを使ったメールはのぞく)。

具体的にどのスマートフォンや携帯電話で使えるのかというのは、上記のリンクの文の中にメーカーのリンクがありそこで紹介されています。ただ、本文にも書いた通り、店頭でのサポートはなく、メーカーの方に直接問い合わせるしかないので、ある程度自分で何とかできる自信があるか、周辺に詳しい知り合いがいないと厳しいかも知れませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/52561495

この記事へのトラックバック一覧です: イオン専用 b-mobile SIM 100kbps プランA ファーストインプレッション:

« 主に熱量から見た非常食(5年保存のお菓子)のベストチョイスは | トップページ | ラジオの良さについて考える »

フォト

広告


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ