« これからのETC活用術 | トップページ | 奇跡は起こるのか? »

2011年7月18日 (月)

オムロン 活動量計 カロリスキャン HJA-307IT

 今使っている歩数計をそれまで使っていた歩数計をなくしたからと、家族に譲り渡すことになってしまいました。多機能の歩数計は使いこなせないというので割とシンプルなものを探していたものの、メーカー品となるけ結構高いので、それなら新しい歩数計を自分のために買ってしまおうと物色していたところ、最近は単に一日の歩数を表示する歩数計より機能が上である「活動量計」なるものが出ているということがわかりました。

 歩数計を常に携帯し、一日一万歩を目標に歩数を稼ぐことのできる生活ができる人はある意味幸せだと私は思います。仕事の関係などでどうしても車に乗る時間やデスクワークにかかることが多くなる中、一日一万歩というところで挫折してしまうという方は案外多いのではないでしょうか。車中泊の旅というのも、一日のほとんどを車の中で過ごすことも多く、単純に歩数からその日の消費カロリーを類推することすら難しいだろうと思います。

Dscf1158

 最近出てきている活動量計というのは、常時ポケットの中に入れておくことにより、微妙な振動をとらえて歩かなくてもその時々の消費カロリーを測定することができるようになっています。写真のようにデフォルトの表示は歩数ではなく、基礎代謝分を含む、一日のさまざまな活動で消費したカロリーが表示されるようになっています。そして、もちろんその日の歩数も記録されますので歩数計からの乗換えでも問題ありません。

 体重の増減というのは単純に摂取カロリーと消費カロリーとの差で出てくるわけで、摂取カロリーについては多くの食品についてだいたいのカロリー数はわかりますし、外食の場合はデータ化されたものがメニューに載っていたりするので比較的測定は容易です。日々の生活の中で一日の摂取カロリーがわかってくれば、消費カロリーをそれ以上に目標設定すれば、小さな活動量計のみでも体重のコントロールが可能であることはおわかりでしょう。

 さらにこの活動量計は、オムロンが展開する「ウェルネスリンク」へ登録することにより、付属するトレイの上で送信ボタンを押すことによってデータをネット上に簡単にアップロードできるようになっています。このサイトでは同じくオムロンの体脂肪計や血圧計を登録することで全てのデータがアップロードできるようになっているようですが、他社の機器しかない方でも手動での入力も可能です。こうしたメーカーによる囲い込みというのはいいことがある反面、いつまでも同じメーカーの製品を惰性で使い続けなければならないというディメリットもあります。さらに、ネット上のサービスであるウェルネスリンクには無料の会員登録でデータ入力ができるものの、6ヶ月以上前のデータがそのままでは消えてしまい、残したい場合には月額315円出して有料会員に登録しなければなりません。それでも、サインインすればどこのパソコンからでも活動量計から転送したり、手動で体重や血圧を入力したデータを確認できるというのは旅先のパソコンからでも更新できるので、それはそれで毎日の動機付けになるかなという感じで購入したのですが、パソコンとの連携はいらないような場合は他社のものでも十分だと思います。

 旅行中というのは多くの方が3食すべて外食になってしまう可能性が高く、さらに高カロリーなものを好んで食べてしまいがちになります。いくらおいしいものへの誘惑が高い旅であっても、高カロリーな生活が数日続くだけで体重は増えていってしまいます。こうした活動量計である程度の運動をしながら消費カロリーを見、ここまでなら食べられるという具体的な根拠を持てるというのは実にありがたいと思われる方も多いかと思います(^^;)。さまざまな行動がどれくらいのカロリーを消費するのかということを知るのも面白いものです。すでに歩数計を使って体調管理をされている方も、乗り換えるだけの価値はあるのではないかと思う次第です。

« これからのETC活用術 | トップページ | 奇跡は起こるのか? »

車中泊グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オムロン 活動量計 カロリスキャン HJA-307IT:

« これからのETC活用術 | トップページ | 奇跡は起こるのか? »

フォト

広告


2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ