« ボランティア宿泊プランの提案 | トップページ | 穴場はどこだ? »

2011年5月 2日 (月)

食中毒を避けるために

 今の世の中不景気だということもあり、テレビでは事あるごとに特定のお店のPRを通常番組の中で行なうことを繰り返しています。一連の原子力発電のPRにも通じるものがあるかも知れませんが、見る側としては全てがテレビ通りではないということを頭の中に入れるべきですし、鵜呑みにしたばかりに大変な状況に追い込まれるかも知れないという情報をしっかりと把握すべきだと思います。

 富山にある焼肉のチェーン店で食中毒が発生し、未就学児童が一名亡くなってしまったという報道がありました。このお店は民放の複数の放送局の番組内で、激安なのに高級感のある店として紹介され、出演者のタレントがお店の絶賛するコメントを流していたそうです。そうした番組を見て行ったのかはわかりませんが、放送後に集団食中毒が起きてしまい、それが死亡事故を伴うものとくれば、やはりこちらも気にしないわけにはいかないでしょう。

 報道によると、生肉のユッケが原因と見られているそうですが、生肉を子供やお年寄りに食べさせる際には十分な注意が必要であります。手元に、ネット上でさがしてきた札幌市の食中毒についての飲食店に出したチラシがあります。そこに書かれているのは、「加熱用」とされているパックを「生食用」として提供したことによる食中毒発生の事例でした。今回の場合も生肉での食中毒なので、店側が間違えて加熱用の肉を生食用と取り違えて出したか、もっと前の段階で入れ替わってしまったのかということでしょう。安く上げるためにあえて質の悪いお肉を生食用として提供したということはさすがにないと思いますので。

 この場合、お店で食べる方としてはどうしようもないので、対策としては抵抗力の弱い幼児や子供、お年寄りには決して生肉を食べさせないということしかないでしょう。これからのお休みに家族で出掛けて焼肉店に入る場合や、バーベキューを行なう際は十分な注意が必要です。

 肉を生のまま食べず、ちゃんと焼いて食べるからという場合にもおさえておきたい重要なポイントがあります。当然のことですが、焼肉を焼くためにはすでに焼かれたものではなく、生の肉を網や鉄板で焼いていただくわけですが、そのお肉を焼くために使う箸やトングは、決して食べるために使ってはいけません。食中毒を引き起こす食中毒菌やウィルス、寄生虫は高温で焼くことで死滅するわけですから、肉を焼くために使った箸には食中毒の原因となる物質が付着している可能性が常にあるというわけです。これを忘れてしまって自分の食べている箸でお肉を焼いてしまったらその瞬間アウトです。運が悪ければ重篤な状況に陥る危険さえあるということは今回の事故を見るまでもなくはっきりしています。特に車で遠方に出掛けた先で食中毒に見舞われてしまったら無事に帰宅することさえ難しくなってしまうということを十分認識する必要があります。

 以上の事から明らかなように、明らかに傷んでいるものを食べるのでなければ、食中毒は自分や家族の注意によって十分防ぐことができます。せっかくの楽しい旅行を台無しにすることがないように、焼肉を食べる際には以上の事を頭に置きながら食事を楽しむようにしましょう。

« ボランティア宿泊プランの提案 | トップページ | 穴場はどこだ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/51552860

この記事へのトラックバック一覧です: 食中毒を避けるために:

« ボランティア宿泊プランの提案 | トップページ | 穴場はどこだ? »

フォト

広告


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ