« 太陽工房 バイオレッタソーラーギアVS01 その1 | トップページ | MINI MAGLITE 2AAA 単四電池2本用ミニマグライト »

2011年4月 5日 (火)

太陽工房 バイオレッタソーラーギアVS01 その2 応用編

 太陽電池を使っての充電は、家庭用電源や車のシガーアダプター経由からの充電とは違って、お天気しだいという点がひとつあり、さらにはバイオレッタソーラーギアくらいの大きさの太陽電池では大した発電能力はないという点をまずは理解した上で使っていく覚悟が必要になってきます。メーカーのカタログでは自社の単三ニッケル水素電池(容量1600mA)2本を空の状態から充電すると日射約14時間と、最速で2日、下手をすると満充電まで3日かかるという計算になります。また、単四2本(容量800mA)では日射約5時間と、こちらなら一日で何とかなりそうです。

 ちなみに、純正の電池はエネループやエボルタのように長期間放置しておいても自然放電が抑えられるような設計にはなっていないので、普段使っていないでいざという時に使うとなったら、すぐに問題に突き当たります。ここまで書けばおわかりでしょうが、自然放電した容量がほぼ0の純正電池をバイオレッタソーラーギアで充電してすぐに使おうと考えること自体が無謀でありますし、充電するたびに上記で紹介した時間がかかるとしたら、それだけで充電するのがいやになってしまうのではないでしょうか。その点において、エネループやエボルタをバイオレッタソーラーギアの中に入れておけば、多少の追加充電時間は必要になるでしょうが、すぐに使える状況で保管することができます。ですから、メーカー保証外の使い方であることは十分承知していますが、自己責任の範囲でエネループやエボルタを使うことが私の場合には大切だったりします。

 そうしてバイオレッタソーラーギアで充電を行うにあたり、長時間の充電時間をまかなうためには予備本数を多めに用意することも大事です。2本の単三電池を使い回す場合、スペアを2セットくらい用意しておけば、上記のカタログデータのように空の状態まで電池を使い切ることもないと思いますので、早めに使用した分の電池をバイオレッタソーラーギアに入れ、ダッシュボードに放置しつつ常に昼間は充電し続けるような体勢を常に取っておくことができます。

 それでも、天候に左右される太陽電池による充電ですので、計算通りうまく充電できるとは限りません。その場合、シガーソケットから充電できる機器と組み合わせる事で、効率的な充電が可能になります。

Dscf0865

 写真のもののうち、右側にあるのはエネループの三洋が出している単三2本用の充電器兼用のモバイルバッテリー、エネループモバイルブースターKBC-E1ASです。満充電したエネループやエボルタ(一応、エボルタはメーカー保証外なのでご注意を)2本をセットすると、USB出力でDC5V/500mAの電力を約70分出力可能のものです。シガーソケットから使うためには、USB出力のアダプターと、携帯電話用の充電コードが必要になりますが、これを使えばスマートフォンは無理でも携帯電話なら十分充電できるだけの電力を供給できるでしょう。ちなみに、この充電器でエネループを充電する場合、単三2本を満充電する場合は4時間40分もかかってしまいます。さすがにこれだけ長い時間車を運転し続けるのは長距離移動の時でないと無理でしょう。そこでまず、バイオレッタソーラーギアである程度まで充電しておき、満充電にするためにエネループモバイルブースターを使うようにすれば、効率的に満充電にすることができるようになるでしょう。

 スマートフォンを充電したい場合は、写真左側にあるシガーソケットアダプタが標準で同梱されている充電器、MyCharger viewが便利です。単三も単四も、一本のみでも充電が可能、電池容量も液晶表示で確認可能と、太陽電池でどの程度充電されたのかの確認もできるので、確実に満充電を確認することができます。ただ、スマートファンを単三電池で充電するためには以前に紹介した4本収納タイプの外付けバッテリー、サンワサプライ BTN-DC2BKが必要で、さらに、常に単三4本を太陽電池で充電状態にしておくため、バイオレッタソーラーギアがもう一台欲しいところです。こうして見ていくと、全て揃えるとかなりの出費になるのがネックです。

 しかし、考え方によってはこれだけ揃えても実用範囲は広く、何より単三や単四の充電池自体がいろんなものに使用可能なので、ポータブルバッテリーやサブバッテリーを充電するために大きめの太陽電池パネルを設置する事を思えばそれほどの出費ではないような気もします(^^;)。普段使っている懐中電灯・ランタンなどの明かりや髭剃り、ラジオなどを単三・単四の偶数本(二本ないしは四本)で動くものに切り替えられれば、家庭用コンセント得られない長旅も怖くありません。単四2本の充電は太陽電池でも短時間で終了しますので、単四で動くさまざまなものに注目してみると、さらにバイオレッタソーラーギアの活躍の場は広がるような気がします。

« 太陽工房 バイオレッタソーラーギアVS01 その1 | トップページ | MINI MAGLITE 2AAA 単四電池2本用ミニマグライト »

車中泊グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽工房 バイオレッタソーラーギアVS01 その2 応用編:

« 太陽工房 バイオレッタソーラーギアVS01 その1 | トップページ | MINI MAGLITE 2AAA 単四電池2本用ミニマグライト »

フォト

広告


2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ