« ドコモの新料金プランと「月々サポート」での端末購入は如何? | トップページ | 日本通信IDEOS その16 携帯電話がつながらない時には »

2011年3月12日 (土)

いざという時の心がまえ

 昨日の大津波をともなった地震につきまして、被害を受けられた方には心からの御見舞いを申しあげます。私はたまたま静岡市中心部の大きなビルにいました。更に悪い事に、エレベーターに乗っていた時に遭遇してしまいました。最初は何だろうと思っていたのですが、風という事は考えられないので地震であるという事はわかったものの、普通こういう時には途中の階に止まるのではないかと思ったものの、結局一階までエレベーターは無事に着きました。

 この時点ではまだ地震かどうか半信半疑だったのですが、周辺のエレベーターが緊急停止しており、買い物客の方やお店の方の様子を見てこれは地震だと確信しました。携帯電話は繋がりにくくなっていたようですが、リトライを繰り返したところ、何とかドコモ網から速報サイトに繋がりました。そこでようやく震源地や震度情報を確認する事ができました。

 静岡県地方にも津波警報が出ているものの、状況がわからないまま動くというのは実に不安なものです。改めて瞬時の情報収集にはラジオが、ピンポイントの情報を得るためにはインターネツトが情報を得やすいという事を実感した次第です。

 今の所、テレビを通じて被害の状況を見ているしかない感じですが、やはり大きな地震を車の運転中に感じた場合、もしそれが海の近くで土地勘がないなら、車で逃げるのは絶対に止めるべきです。自分は逃げているつもりでも、津波に向かって進んでしまう可能性もあるわけですし。車中泊の旅の場合、つい荷物もいいかげんに置いてしまいがちですが、両手が自由になるリュックやウエストポーチに必要なものを常にまとめておき、もし忘れ物をしても、取りに帰る事はしないように鍵を付けたまま車を離れ、高い建物か高台に逃げるのがいいと思います。

 気象庁の発表によると、余震はこれから一ヶ月くらいはあるということですので、被災地以外の場所の方については、特別な用がない限りは今回の震源近くには近づかないという事も重要です。また、必要に迫られて車の中で寝なければならないような状態になっておられる方も多いと思います。普通の車で寝るのも大変かと思いますが、布団やクッションなどの柔らかいものが手に入らない場合でも、手近にあるダンボールや新聞紙などを使って、シートの段差を埋めれば多少はましになります。とにかく、体が圧迫され血流が滞らないよう気を付け、水が確保できるようなら水分補給も行なって下さい。大きなショックを受けられている場合、寝ることができない状況にある方もおられるかも知れませんが、目をつぶってじっとしているだけでも体は休まります。できるだけ体力を消耗させずに、いざという時に備えてください。

 最後に、車中泊とエコノミークラス症候群について、以下のサイトの話が参考になるかも知れませんので紹介しておきます。参考になさってみてください。

http://rescuenow.nifty.com/cs/column/detail/070125000612/1.htm

 

« ドコモの新料金プランと「月々サポート」での端末購入は如何? | トップページ | 日本通信IDEOS その16 携帯電話がつながらない時には »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/51095208

この記事へのトラックバック一覧です: いざという時の心がまえ:

« ドコモの新料金プランと「月々サポート」での端末購入は如何? | トップページ | 日本通信IDEOS その16 携帯電話がつながらない時には »

フォト

広告


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ