« 日本通信IDEOS その4 文字を入力するために | トップページ | 日本通信IDEOS その5 次期PSPの「NGP」との相性は? »

2011年1月28日 (金)

ソニーの新しいラジオ ICZ-R50

 先日のエントリーで、アナログ波が停波されることから、日本で売られているポータブルラジオの名機と呼ばれるものがなくなってしまっているということを書きました。そんな中、新たな製品が出るとしたら、ラジオ録音に特化したようなものになるかもと思っていたところ、本当にそういったコンセプトのポータブルラジオがソニーから近日発売になるそうです。

http://www.sony.jp/ic-recorder/products/ICZ-R50/

 上のリンクで見てもらえばわかると思いますが、普通のAMFMが聴けるラジオのようですが、内蔵メモリおよび外部メモリーカードに放送の内容をMP3形式でタイマー録音できるようになっています。メーカーでは高感度をうたっていますが、どの程度高感度なのかは実際に聴いてみないとわからないというのが微妙なところではあります。あと、特徴としては、本体に内臓マイクがあるという、大きめのICレコーダーのような機能を有しており、このラジオは現代のラジカセという感じに仕上がっているのだろうと思います。

 価格はオープンプライスですが、目安として18,000円前後で売られるのではないかと思われ、少々ラジオだけというところでは高くなってしまっています。車中泊の旅にこのラジオを使う場合は、やはり感度がどの程度なのかということに尽きるでしょう。ノイズカットの機能も付いてはいるものの、弱い電波をどの程度明瞭に聞くことができるかは、特に山の中に入ってゆっくりと車中泊をする人たちにとっては重要です。AMの場合、ただでさえ中国や韓国・北朝鮮の放送が強力なので、感度および選択度(放送が重なるように聞こえてきた場合でも、それらの放送局を分けて聞くことができること)が優れていないと、情報収集源としては役に立ちません。

Icfex5mk2

 となると、本当の車中泊にとっての最強ラジオは感度が良く、選択度切り替えスイッチ付きのソニーのICF-EX5MK2になってしまうのかも知れませんが、これも定価で18,000円程度と、気軽には買えないものをここで紹介していいのか迷います。というのも、写真の通りかなり大きめのラジオなので、収納スペースを圧迫する可能性が大だからです。

 今のAMのアンテナは外付けのループアンテナが一般的ですが、車中泊の旅にラジオを持っていく場合、聴くたびにアンテナを付けなくてはならないのでは困ります。ループアンテナでないラジオは、内臓のバーアンテナがあり、その長さが長ければ長いほど高感度となりますが、ICF-EX5MK2の場合は180mmと市販品の中では最長です。ちなみに、ICZ-R50の横幅は195mmとなっているので、どこまでの長さのアンテナが入っているのかがカギとなるでしょう。

 しかし、最初にも書いた通り、すでにポータブルラジオから撤退したのかと思われたソニーが新製品として出してきただけに、期待するところはあります。個人的には短波放送の入るICF-SW7600GRをベースに録音可能なものが出てきてくれれば嬉しかったのですが。

« 日本通信IDEOS その4 文字を入力するために | トップページ | 日本通信IDEOS その5 次期PSPの「NGP」との相性は? »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

はじめましてICZ-R50は現在見送りましたが、AMに外部アンテナが使えるようで少し期待です。ICF-EX5MK2には敵わないと思いますが・・・SONYはもう短波のワールドバンドラジオを出さないのか?残念です、確かにICF-SW7600GRMK2にして録音できたら面白い製品と思います。
旅行にはICF-SW23を使っています、SONYには最後までラジオの製作、製品をなくしていただきたくないですね。

45gs さん はじめまして。コメントありがとうございます。

現在中東で起こっている騒乱はインターネットを使って多くの人に情報が伝わってあれだけ広がったとはいっても、リビアでは反政府勢力がまずラジオ局を抑えたという事からもわかるように、ラジオからの情報というのはまだまだ一掃できるものではないでしょう。

ICZ-R50は店頭で触ってみましたが、あのラジオは自宅に置いておき、番組録音をメインに使うようなものだという感じで、そうした用途であれば今持っているシャープのミュージックキャリーと用途がかぶるので、購入まではいたっていません。

旅行用のラジオとしては、ICF-SW23もいいラジオですね。ワールドバンドレシーバーとしては、ICF-SW1000Tを持っているのですが、ソニーも以前は短波放送を録音するためにカセットを組み込んだ製品を多く出していたのに、今ごろになってようやく外部メモリーに録音できる製品を出すとは、かなり後手を踏んでいるという印象です。この手の製品では中国のメーカーが意欲的な製品を出してきているものの、やはりソニーにちゃんとしたものを出してもらいたいという思いはあります。

ラジコの登場で改めてラジオに注目が集まっている今、ソニーにはさらなる新製品の発表を期待したいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565596/50706779

この記事へのトラックバック一覧です: ソニーの新しいラジオ ICZ-R50:

« 日本通信IDEOS その4 文字を入力するために | トップページ | 日本通信IDEOS その5 次期PSPの「NGP」との相性は? »

フォト

広告


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ