« SIGG トラベラー1.0リットルを湯たんぽにする試み | トップページ | 日清食品 カップヌードルリフィル »

2010年12月16日 (木)

食器類を揃える

 調理器具とは別に、車内で食事をする際にあると便利なのが食器類です。以前紹介したシェラカップを中心に、できるだけ一つにまとまるぐらいのサイズの食器類を集めています。たまたま今回新しい食器を購入したので、まずはそちらから紹介します。

Syokki1

 写真のものはユニフレームから出ているステンレスのサーモカップです。大きさはシェラカップと同じくらいで、取っ手に特徴があります。持ち手の部分が放熱設計になっていて、カップにお湯や熱いスープを入れても、持ち手の部分は熱くならないとのこと。早速お湯を入れて手に持ってみましたが、なるほど熱くなく持つことが出来ます。メーカーの説明によると直に火にかけられるとのことですが、その場合はさすがに持ち手も熱くなるようです。火にかけようと思っている方はご注意下さい。

Syokki2

 このサーモカップの上にシェラカップをかぶせてみましたが、ちょうど持ち手の外側にシェラカップの取っ手が来るようになるので、この上に重ねて収納できます。同じように、違う種類のカップやボールを重ねていくことで、沢山の食器をかさばらずに持ち運ぶことが出来ます。

Syokki3

 さらに、新しい容器を加えます。シェラカップより容量が大きい、いわゆるロッキーカップというものがベルモントからチタンシェラカップ深型480として販売されています。snowpeakのシェラカップと違って、ハンドルが折りたためるフォールドハンドルのものを一つ購入し、持ち手のところにシリコンチューブをかぶせることで熱くなっても持てるように工夫しています。snowpeakのシェラカップを中に収納でき、フタも兼用できるので一緒に持っていますが、これにサーモカップをのせたところ、写真のようになります。これだと外側にもう一つぐらい別の食器を付けた方がきれいに収納できそうです。ということで、さらに増やしてみました。

Syokki4

 写真にあるサーモカップの外側にある器は、実はキャンプ用品ではなく、無印良品のステンレスボール・SSという台所用品です。しかし、それなりに厚みもあってしっかりしているので、何にでも使えそうだということで一緒に持っています。これにシェラカップ用のチタン製フタと合わせて、食器類はシェラカップ3個、ロッキーカップ、サーモカップ、ステンレスボールが各一個ずつで合計6つの食器類をまとめたのが次の写真です。

Syokki5

 1人ないし2人での旅であれば、これだけあれば食器としては十分でしょう。大きめの器がないので、その分を複数の食器でまかなうという感じではありますが、ちょっとごつい感じはするもののひとまとまりになるというのは、車の限られた収納スペースを考えた時にはありがたいものです。さらに器を増やしたい場合でも、シェラカップやサーモカップを増やす分にはそれほど変わらない大きさにまとまるのもポイントです。値段の点だけから言うと100円ショップの食器をあつらえた方が安くなるでしょうが、皆さんのお車の収納スペースと相談しつつ、徐々に増やしていくのも楽しいものです。

« SIGG トラベラー1.0リットルを湯たんぽにする試み | トップページ | 日清食品 カップヌードルリフィル »

車中泊グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食器類を揃える:

« SIGG トラベラー1.0リットルを湯たんぽにする試み | トップページ | 日清食品 カップヌードルリフィル »

フォト

広告


2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ