« HEIKO ニューソフトパック 紐付 No.911 | トップページ | 象印 ステンレスボトル 「タフボーイ」1.00L SJ-SD10-XA »

2010年11月 3日 (水)

ゴミ処理について考える

 車中泊とゴミ処理というと、道の駅や高速道路のPASAに集まるゴミの山という連想に行きがちです。そうしたゴミ問題をどうするのかといったことについては個人でどうにかなるというレベルの話ではないので、あくまで個人として旅の途中で出るゴミをどうするのかという事について考えてみたいと思います。

 私たちが生活する中でどうしてもゴミから逃れられることはできませんが、様々な工夫でゴミの減量をすることができます。ゴミ処理と言っても、基本はいかに最初からゴミを出さないかというところにカギがあると言えそうです。特に私の場合は、車内にスペースのない軽自動車なので、ごみ減量を考えないわけにはいかないのです。

 旅先で出るゴミとして、まず一番に考えられるのは、食物や飲み物の空容器や袋・フィルムなどの類でしょう。お菓子やペットボトル、弁当や食品のトレーやラップまで、気を緩めているとどんどん増えていってしまいます。コンビニで弁当やお惣菜などを買い込んで夕食代わりにするような場合、空容器のかさばり具合と言ったらありません。

 そこで、一つの工夫として、お惣菜などパックに入った食品を買う際には、どこで買うかということをまず考えることにしましょう。コンビニでは簡単にさまざまな食品が手に入りますが、その後の処理というところまで考えると普通のスーパーに軍配が上がります。

Gomi

 写真は、近所にある全国展開でない普通のスーパーで写したものですが、最近の多くのスーパーでは、牛乳パックやペットボトルだけではなく、このように店で売っているトレイについても回収を行なっています。食事を車の中でするために食材を買い出しに行く時には、まず店の前にこうした施設があるか確認することがごみ減量の第一歩です。そして、事前にタッパー容器などを用意し、必要とあらば先日紹介したビニール袋をかぶせた上に食材を移し、元々入っていたトレイの方はお店の回収BOXに入れてしまえばゴミはタッパーにかぶせたビニール袋だけになり、容器も汚れません。スーパーへ行くとついつい買ってしまうものにお菓子がありますが、お菓子を買ってしまうとそれなりにゴミが出てしまうので、十分吟味してから購入するようにしたいものです。

 高速道路での移動だけになってしまうとこうした方法は取れませんが、高速道路の場合はサービスエリアが充実していますので、外食と組み合わせたりしながら、できるだけゴミを出さないものを選ぶように心掛けたいものです。

 最後に、トレーを回収に出す際、汚れたままだと回収を断られる場合がある事も考慮しておいてください。食材を移すときにトレーが汚れてしまったら、キッチンペーパーやウェットティッシュできれいにしてから回収BOXに入れるようにしましょう。

« HEIKO ニューソフトパック 紐付 No.911 | トップページ | 象印 ステンレスボトル 「タフボーイ」1.00L SJ-SD10-XA »

車中泊一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴミ処理について考える:

« HEIKO ニューソフトパック 紐付 No.911 | トップページ | 象印 ステンレスボトル 「タフボーイ」1.00L SJ-SD10-XA »

フォト

広告


2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ