« 車の改造について | トップページ | クラレ マジックテープ ピタロック100 »

2010年11月13日 (土)

ソフト99 99工房 タッチアップペン

Touchup

 私がワゴンRを購入する際、価格が安ければ色にはこだわらないと注文を出した結果、ゴールドというよりもベージュに近い色のものが安く見付かったためそのまま手に入れました。それはそれでいいとして、購入時に慌てて購入したのが写真のタッチアップペンでした。

 一般的に、舗装道路だけを走るわけではない車中泊前提の旅は、細かい砂利をはねたり大雨に降られたりということもあり、事故とかではないにしろちょっとした塗装のはがれというのが気が付かないうちに起こってしまうということを体験してきました。特にドアの端の部分は気を付けていても部分部分で小さい塗装はがれが私の車の場合見付かることが多かったのでした。

 そのままにしておいた場合、その部分から錆びてくるかも知れず、できる限り見付けた時に修復しておけば安心です。そんなわけで、このタッチアップペンはダッシュボード内に常備しておきました。案の定、特殊な色だったこちらの色はほどなくカー用品店の店頭から消えてしまい、すぐに手に入らなくなってしまいました。大手カー用品店の中には店頭にない色でも市販品の値段に多少プラスすることで、合成して作ってくれるサービスを行なっているところもありますが、オリジナルの色とは多少違う可能性もあるので、できればメーカーオリジナルの色の塗料を確保しておきたいところです。ディーラーに問い合わせれば何とかなるかも知れませんが、いわゆる一般的な色でない車に乗られている方は、まだカー用品店で気軽に買い揃えられるうちに確保しておくのか賢い方法だと思います。

 こうした塗料にはタッチアップペンタイプの他にスプレータイプのものもあります。スプレータイプを使いこなすにはそれなりのスキルが必要でもあり、慣れていない方には積極的にはおすすめできませんが、タッチアップペンなら単に塗るだけなのでそれほど大変ではありません。ただし、使用前に振ることによって塗料を混ぜ、塗る前に塗料の量を塗り過ぎないように調整してから慎重に塗るのがいいでしょう。

 車の色は微妙な色加減があり、白や黒だからといって家庭用のものを安易に塗ったりするとそこだけ目立ってしまいます。普通の車の場合、ボンネットを開けるとプレートがあり、そこに「カラーナンバー」の英数字が記載されています。詳しくは車の取扱説明書に記載があると思いますので確認してみてください。車によっては、上下で色が違うものがあり、カラーナンバーも複数記載されている場合もあります。その際は、素直にカー用品店でどの色が欲しいということを言い、商品について聞く方がいいかも知れません。

 こうした塗料での苦労を避けるには、面白みはないですが、一般的な白やシルバーなどの色を選ぶことになるのですが、そういう意味でも4ナンバーの軽ワンボックスはコスト的にもメリットは大きいですね。恐らくそうした色であれば、全国のカー用品売り場で必要な際に購入できるでしょう。

 ちょっとした用意ではありますが、見付けたらすぐに修復できるこうしたグッズは後になってその有難みがわかるものでもあります。車の外装にこだわる方は、車の中に乗せておいて損のないグッズだと思います。

« 車の改造について | トップページ | クラレ マジックテープ ピタロック100 »

車中泊グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソフト99 99工房 タッチアップペン:

« 車の改造について | トップページ | クラレ マジックテープ ピタロック100 »

フォト

広告


2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ