« ダンロップ スポーツサンダル | トップページ | ソフト99 99工房 タッチアップペン »

2010年11月12日 (金)

車の改造について

 私がこうしたブログやウェブページを公開するようになったのは、簡単に車中泊ができるコンパクトカー、スズキワゴンRを手に入れたのがきっかけでした。日常生活から長距離旅行まで、ありとあらゆる用途に対応してくれ、実にコストパフォーマンスに優れた車だと思っています。

 乗っていて何ら問題のない私の車ですが、今回車検を通すにあたってちょっと考えることがありました。このまま車検を通すということになると確実に走行距離は上がっていくことになるでしょう。ずっとこの車と付き合っていくと思えば安いものですが、やはり軽自動車ということで、多くの車中泊グッズを積んだまま走ることでやはり劣化という現実から逃げることはできません。

 まだそれほど走行距離が行かない状況で早めに今の車を下取りしてもらい、新しく程度のいい中古車に買い換えるようにすれば、また長く乗り続けることができます。問題は今の車がいくらで下取ってもらえるかということですが、そこで問われるのが今までどう乗ってきたかということでしょうね。

 ここで紹介している車中泊グッズの他にもいろいろワゴンRの中には入っていまして、一度全部出したところ、一般的な衣装ケース4箱分くらいに膨れ上がってしまいました。改めてワゴンRの積載スペースの多さにはびっくりしましたが、とりたてて改造などは行なっていなかったため、普通の車としての評価を受けられると思います。

 車中泊を楽しまれている方の中には、大胆に車内を改装してしまっている方も多いでしょうが、ノーマル車を改造する場合、乗り潰すだけの覚悟がない状況では、購入時と同じように原状回復できる改造なのかということを確認してから改造にかかられた方がいいように思います。もちろん、車を所有してしまえばそれをどう使おうと所有者の自由ではあります。ただ、家族で車を使われる場合、家族の総意で改造できるかという問題もあります。自分なりの改造をした車ということになると、一般的な価値という点では著しく低くなることは仕方ないことでしょう。車の業者側からすると、別の人に転売ができず、走行距離も過走行ということになると、同好の士で欲しい人に譲るとかすればいいでしょうが、そうでなければ下取りとしての評価はきっぱりと諦めて乗り潰すしかなくなります。考え方としてどちらを選ぶかというのは人によって違うとは思いますが、高額な出費をしてお車を買い換える際には考えておかれるといい事だと思います。

 ちなみに、次にどの車にするかというのは全く決まっていません。同じワゴンRが車検費用プラスαぐらいで手に入ればいいとは思っていますが、これも状況によって変わってくると思います。ただし、車中泊がやりにくい車に妥協してする気は全くありませんので、どちらにしてもこちらのブログで紹介できると思います。さしあたっては代車での生活がしばらく続きそうです。

« ダンロップ スポーツサンダル | トップページ | ソフト99 99工房 タッチアップペン »

車中泊一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車の改造について:

« ダンロップ スポーツサンダル | トップページ | ソフト99 99工房 タッチアップペン »

フォト

広告


2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ